• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 尚美学園大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 芸術情報学部
  • 音楽メディアコース

私立大学/埼玉

ショウビガクエンダイガク

音楽メディアコース

新しい時代の音楽シーンに対応!音響や映像音楽、オーケストレーション、作曲などの基礎を学び、作・編曲家を目指す。

学べる学問
  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

  • 舞台・演劇学

    演劇における表現方法を、理論と実技の両面から研究する

    舞台・演劇文化の理論と歴史をふまえ、創造的な表現を生み出す方法、技術を研究する学問。演技や歌唱、舞踏などの表現方法のほか、演出、衣装、脚本、効果などについても学ぶ。

目指せる仕事
  • 音響スタッフ

    いい音を出すためのエンジニア

    舞台や映画、テレビなどで、音声を調節したり、効果的な位置にマイクをセットしたりするのが仕事。特に音楽番組では、音が重要なポイントとなる。いろいろな場所で常にいい音を出すには、熟練した技術とセンスが必要。新しい技術を検討したり、システム作りをすることも。

  • 音楽プロデューサー

    歌手や演奏家の力を引き出す

    歌手、タレントの発掘をはじめ、音楽の方向づけやテーマを決めて作詞・作曲家の選定、売り出し方にいたるまでを総合的に担当する。最近では、ミュージシャンが自ら、他の人をプロデュースするケースも多く、ヒット曲を生み出している。

  • 作曲家

    どんな曲づくりも、オリジナリティやセンスが必要

    歌謡曲などのメロディーに重点をおいた曲作りをするソングライタータイプや、映画やラジオ、TVのテーマ音楽やCMを手がける仕事の場合もある。自作をレコード会社や音楽出版に売り込みデビューのチャンスをつかむ。クラッシックやオーケストラなどの曲づくりはさらに専門性が必要。

  • 編曲家

    アレンジの仕方によって曲が生きる

    同じ曲でもアレンジの仕方によってイメージがかなり変わるものだ。作曲家が編曲までを手がける場合も多いが、どんな楽器を使い、各パートごとにどんな演奏をするのかを考えるのは、編曲者(アレンジャー)の仕事となる。

  • サウンドプログラマー

    デジタルミュージックのデータをコンピュータに打ち込む

    マルチメディアに関わるさまざまなデジタルサウンドをつくり出し、演奏データをコンピュータに打ち込むのが仕事。コンピュータ上で曲を作る機会が多い現在の状況では、なくてはならない存在である。

  • マニピュレーター

    求められるデジタルサウンドをつくり出す

    シンセサイザーやデジタルサンプラーを駆使してサウンドをつくり、コンピュータに音を打ち込んでいくのが仕事。音楽の素養が不可欠なので、ミュージシャンやアレンジャーがこの職種を兼ねている例も多い。デジタル音楽隆盛で需要は増加傾向。

  • 音楽教師

    音楽に親しむ喜びを教え、豊かな心を育てる

    児童・生徒に歌うこと、楽器を弾くこと、名曲を聴くことなどを通して、音楽に親しむ喜びを教える。学校教師の場合、音楽の時間だけでなく地域との交流、合唱の発表会、クラブ活動などで果たす役割も大きい。また個人で教室を開く場合もある。

  • サウンドクリエイター

    より楽しくするための効果音づくり

    ゲームの雰囲気に合ったサウンドや、効果音の作成を行う。作曲だけでなく、ゲーム機のサウンド機能が持つ能力に関する知識も必要。パソコン上で作曲(DTM)するため、パソコン関連の知識も欠かせない。ただしゲームサウンドだからといって、機材や作曲の方法に大きく変わる点はない。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2016年度納入金 189万4140円 

学科の特長

学ぶ内容

実践を通して音楽・サウンドクリエーターに必要不可欠な専門性、人間性、国際性を身につける
新しい時代の音楽について、音響、作曲、映像音楽、さらに機材やソフトウェアの開発に至るまで知識や技術を身につけるとともに、譜面の上だけではなく、様々なツールを使って実際に音を鳴らすことで、耳から入ってくる実証的な学びを展開します。様々な実践を通して専門性のみならず人間性や国際性も身につけていきます。

授業

各分野のエキスパートにより行われる実技レッスン
【専攻実技I】音楽メディアコースの実技レッスンで、数人のグループレッスン形式で行われます。実技は学生の志向によって4つの分野(作曲・編曲、録音ミキシング、音楽アプリケーションなどの制作、映像)に分け、各分野のエキスパートがそれぞれ担当します。
音楽に必要な基礎知識を学ぶ授業や、時代の変化へ対応する力を修得する授業
【ミュージック・セオリー】音名、音程、音楽用語など、音楽を行う上で必要な基礎知識をSibelius(楽譜作成ソフト)とCubase(音楽作成ソフト)を使って学びます。
【メディア作品分析I】過去に発表されたメディア作品の中からレコードによる音楽の分析を行い、その変化を知ることにより、時代の変化への対応力を身につけます。
大島ミチル客員教授による特別講義開講
本学の客員教授である大島ミチル先生による特別講義が開催されました。実際のTVや映画における音楽制作の手法が具体的に紹介され、これから作曲家の道を目指す学生にとって、どれも興味深いものばかりとなりました。講義の後に設けられた質問会では、それぞれが熱い想いを先生にぶつける活気に満ちたものでした。

先生

音楽理論の再構築を行い、より完成度の高いテキストを目指します(竹内 誠教授 )
音楽理論系の科目は、音楽理論や作曲法が人の脳と耳の特性から生まれたことを再確認し、経験と習慣によって構築された音楽理論が持つ様々な矛盾と問題点を精査して理論的な再構築を行い、学びやすい内容となっています。授業を行いながら今後も理論の再構築を行い、より完成度の高いテキストを目指します。

卒業後

卒業後に想定される職業像
卒業後は、音楽プロデューサー、アーティストマネージャー、作・編曲家、映像クリエーター、音楽スタジオエンジニア、ステージ音響・映像エンジニア、音楽ソフト開発者、音楽配信、ゲーム音楽クリエーター、番組企画・制作、CD・DVD企画・制作、Web制作、音楽著作権開発・管理、音楽ジャーナリストなどとして活躍できます。

学べる学問

目指せる仕事

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒350-1110 埼玉県川越市豊田町1-1-1
フリーダイヤル 0120-80-0082(広報センター)
info@s.shobi-u.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
埼玉県川越市豊田町1-1-1 「川越」駅から無料スクールバス 7分
「本川越」駅から無料スクールバス 10分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

尚美学園大学(私立大学/埼玉)