• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 近畿大学附属看護専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 林 空さん(看護学科/看護師)

より良いケアを実現できるよう日々勉強中です

先輩の仕事紹介

患者さまの療養環境をより良いものへと変えられる、やりがいの大きな仕事です

看護師
看護学科/2017年卒
林 空さん

この仕事の魅力・やりがい

近畿大学病院の看護師として産婦人科、消化器内科の混合病棟で勤務しています。看護師のやりがいは、自分のケアの仕方によって患者さまの療養環境をより良いものへと変えられること。医師の指示を受けて動くだけではなく、患者さまの要望を医師につなぐことも多々あります。特に消化器内科では、慢性的な疾患を抱えている患者さまも少なくありません。例えば、終末期の患者さまが痛みや苦痛をやわらげる方向へ医師に働きかけるなど、私たちがどこまで介入していけるか治療方針に沿って一緒に考えています。治療や手術はできなくても、看護師が患者さまのためにできることはたくさんあるのだと日々実感しています。

学校で学んだこと・学生時代

在学中から近畿大学病院への就職を考えていた私にとって、将来の職場で実習ができたのは、ありがたい経験でした。おかげで、就職後もギャップを感じることなく働けています。産婦人科と消化器内科、消化器外科病棟にて実習を行い、様々な疾患や治療方法、現場の雰囲気を知ることができました。特に印象に残っているのは、終末期の患者さまを担当させていただいたことです。自分にどういうケアができるか、ご家族とどう関わったら良いか考えさせられました。日々の学校生活での思い出は、朝早くに登校して仲間と一緒に実習の予習復習に励んだこと。実習や課題をこなすのは大変でしたが、その分、力がつきました。

責任感をもって丁寧に仕事に取り組んでいます

分野選びの視点・アドバイス

私が医療に関わる仕事に就きたいと考えるようになったのは、骨折をして入院、リハビリを経験したことがきっかけです。様々な医療職の中から分野を絞り込む過程で意識したのは、自分の得意科目を活かせるかどうか、将来の選択肢の幅を広げられるか、そして長く続けられる仕事に就けるかという3つの視点。私にとってこの3つが同時に叶う職業が看護師であり、そのために最適な進路が近畿大学附属看護専門学校でした。夢をみつけ、実現するために、時には現実的な視点をもって自分の得意・不得意や将来の可能性を見極めたり、学費や奨学金制度を調べてみるのも大切なことだと思います。

先輩や同僚との意見交換も頻繁に行っています

林 空さん

近畿大学病院勤務/看護学科/2017年卒/骨折をしてリハビリに励んだ経験から医療分野に興味をもったという林さん。看護師なら直接患者さまと触れ合う機会が多いのではないかと考え、大学病院への就職を見据えて近畿大学附属看護専門学校へ。奨学金制度も入学の決め手になったといいます。在学中は同じ目標をもつ仲間と切磋琢磨しながら日々の授業や実習、課題に取り組んできました。「実習で実践力を鍛えられました」と笑顔で語ってくれました。近畿大学病院に就職してからは、一貫して産婦人科と消化器内科を担当。実習先と同じ職場で、より良いケアを追求しています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

近畿大学附属看護専門学校(専修学校/大阪)