• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 大阪リハビリテーション専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 松尾 康弘さん(理学療法学科(夜間部3年制)/理学療法士)

専門・認定理学療法士をめざし、専門性を高めている

先輩の仕事紹介

リハビリを通して、患者さんが望むものを実現させたい

理学療法士
理学療法学科/2013年3月卒業
松尾 康弘さん

この仕事の魅力・やりがい

脳血管疾患や整形疾患の患者さんを中心に、回復期のリハビリテーションを担当しています。患者さんが退院後に望む生活を実現できるように、ベストな道筋を立てリハビリを支援していくことが、私たち理学療法士(PT)の役割です。年齢や症状によって入院前の生活を完全に取り戻せない場合でも、そこに近づけるように福祉用具や生活環境の提案など最善の方法を見つけ、患者さんが思い描く生活の実現をめざしています。私は、リハビリにはひとつだって同じものはないと思っています。患者さんの生活とは、その人の個性そのもの。型に嵌まらず、患者さん一人ひとりと真剣に向き合う中で、その希望を叶えられることに大きなやりがいを感じています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

入学する前は、介護福祉士の仕事をしていました。介護対象者の中にはリハビリをされている方もおられ、その方の動作が徐々に変わっていく姿や、入浴介助の度合いが減っていくことに驚きを感じていました。そんな中、理学療法士の方から介護について意見をもらったことが大きな転機に。「利用者さんができることまでサポートしていませんか。その方の残存機能まで奪わないように」と教えられ、衝撃を受けました。それまで介護士としてどんな場面でも介助を行うように心がけていたのですが、自分の役割を見つめ直すきっかけになり、理学療法士としてリハビリに携わることを決意しました。

オープンキャンパスで、高校生に仕事内容を紹介

学校で学んだこと・学生時代

臨床実習の機会が豊富にあり、急性期・回復期・維持期それぞれの現場を体験できました。そこで各セラピストの考え方を学べたことは、回復期だけでなく各ステップに視野を広げ、連携しながら患者さんのリハビリを考えるうえでとても役立っています。また、実習前には、学生が患者役とセラピスト役になり、先生方や先輩セラピストが見守るなか、患者の評価を行う臨床能力試験「OSCE(オスキー)」がありました。その緊張感は、本番以上です。今、臨床現場で落ちついて評価が行えるのは、この試験の存在が大きいです。自分に足りないものや改善点をフィードバックしてもらえ、不安要素をすべて解消して臨床実習に臨めたことが、自信につながりました。

動作訓練の根拠や変化をきちんと伝えることが大切です

松尾 康弘さん

医療法人 紀和会 正風病院 勤務/理学療法学科/2013年3月卒業/介護福祉士の仕事と両立させながら、大阪リハビリテーション学校で学び、理学療法士になる夢を実現。卒業後も疑問や課題があれば、同校を訪れ、図書館を利用したり、教員にアドバイスをもらっていると言う。「卒業生にも学びの場として開放し、サポートをしてくださることも本校の魅力です。そうした中で、さらに理学療法士としての知識や技術を高め、認定・専門理学療法士の資格を取得することで後輩の指導にも貢献していきたいです!」と語る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大阪リハビリテーション専門学校(専修学校/大阪)