• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 神奈川
  • 国際フード製菓専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 山口 友義先生(パティシエ)

こんな先生・教授から学べます

お菓子作りの土台・基礎の大切さを教えてくれる先生

パティシエ
製菓製パン科2年制 
山口 友義先生
先生の取組み内容

私にとって洋菓子とは「いろいろなことを考えさせてくれるもの」です。私は社会に出てから、ホテル、チェーン店、個人店、メーカーなどさまざまな場でお菓子作りに携わってきました。長年に渡ってお菓子づくりをしてきて思うのは、技術はただ指導を受けるだけでは上達しないということ。たとえば師匠から「基礎が大事」と言われたら、なぜそれが大事なのかを自分で考え納得したうえで行動することが大切なのです。お菓子作りにおいて大切なことを理論づけて自分で考えられるようになると、理解が深まり「うまくできた」という喜びにつながります。そうして、ひとつひとつステップを重ねていくことが職人としての成長ではないかと思うのです。長い道のりではありますが、「自分の成長を実感しながらモノ作りができる」それがお菓子作りの魅力です。

「正しくお菓子を作ること」は実はなかなか難しい作業ですが、練習を繰り返すことで必ず上達します

授業・ゼミの雰囲気

お菓子作りの正しい手順を繰り返し徹底指導し、定着させることが先生の授業スタイル

先生の授業では、お菓子作りの土台と基礎の徹底を大切にしています。実技テストでは、完成したものだけを評価するのではなく、各工程における手順がきちんと守られているかも細かくチェックして採点します。合格点に達しなかった場合は、なぜダメだったのかを学生に問いかけ、その原因と基礎の大切さを改めて指導します。「私の役目は、卒業後にお菓子作りの現場で最低限の仕事ができるための基礎を身につけさせること。そのためにも自己流ではなく正しい手順に沿ってお菓子を作ることの大切さを繰り返し教えています」と山口先生。

学生たちと校内で談笑。「山口先生には何でも気軽に相談できる」と学生からの信頼も厚い先生です

キミへのメッセージ

自分だけの目標を見つけながら成長していきましょう。応援しています!

お菓子作りはやる気次第。経験は一切関係ありません。「将来は自分の店を持ちたい」「有名パティシエになってメディアに出演したい」など、何でもよいので目標や野心を持つことが「伸びる」秘訣です!

基本に忠実にきちんと作られたお菓子は美味しい。コンビニスイーツの美味しさのヒミツも実はそこなんです!

山口 友義先生

洋菓子の専門学校卒業後は、横浜市内のホテルに就職し、洋菓子ではなく調理を数年間担当。以降、洋菓子店の立ち上げ、メーカーでのメニュー開発、ホテル、チェーン店、個人店などでお菓子作りを究める。「本校のよさは、先生と学生のほどよい距離間。また実習設備の充実も大きな魅力だと思います。今後はカリキュラム編成にも力を入れ、より学びやすい環境を整えていきます」と山口先生。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

国際フード製菓専門学校(専修学校/神奈川)
RECRUIT