• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 森ノ宮医療学園専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 北山 心哉さん(鍼灸学科/鍼灸師)

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣認定・指定/文部科学大臣認定/大阪

モリノミヤイリョウガクエンセンモンガッコウ

一番のやりがいは患者さんに「ありがとう」と感謝されること

先輩の仕事紹介

より多くの人々に鍼灸の良さを知ってもらうためにがんばります!

鍼灸師
鍼灸学科 午前コース 卒/2017年卒
北山 心哉さん

この仕事の魅力・やりがい

鍼灸の仕事は、患者さんと直接関わり悩みを聴き、解決し、治癒する場に立ち会うことができます。自分の判断で患者さんを鍼灸治療でき、最初から最後まで関わることができるのが大きな魅力だと思います。小児から高齢者まで老若男女問わずさまざまな場面で幅広い世代に利用されていますし、病気やケガの治癒だけでなく、体質改善や体調管理など予防医学の面から、健康維持のサポートをすることもできます。一番のやりがいは患者さんに「ありがとう」と感謝されること。「身体の痛みが楽になった」などと患者さんから笑顔で言われると自分自身も笑顔になり嬉しくなります。少しでも多くの患者さんを笑顔にできるよう、がんばっていきたいです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

小学5年生の頃から高校までずっと野球をしていたのですが、よくケガに悩まされていました。高校の頃、お世話になっていた整骨院の先生がとても良い方で、どんな質問にも丁寧に答えてくれて不安を取り除いてくれたり、施術以外にも練習法やリハビリについて親身に相談にのってくれていました。そのおかげで、高校最後まで全力で野球を続けることができました。それまでは漠然と「将来スポーツに関わる仕事がしたい」と思っていましたが、その先生と出会ったことで「自分も人を支える仕事をしたい!」「その人が今、やりたいことをできるようにサポートする人になりたい!」と思い、鍼灸師になる道を選びました。

鍼灸で患者さんの日常をサポートします

学校で学んだこと・学生時代

学校では解剖、生理、臨床医学、東洋医学など医療の専門分野はもちろん、特にコミュニケーション力であったり、患者さんへの気配りなどについて学ぶことができたと思います。専門学校ではクラスに、さまざまな年齢の方がいます。高校時代まではほとんど同世代の人としか接する機会がなかったのですが、学校で色んな年代の方から様々な考え方や自分が経験したことのない話を聞くことができて、とても視野が広がりました。また実技授業が充実している学校なので、教科書に書かれていないような様々な症状について、医療現場で活躍する先生から実際に経験した実例を教えてもらうことができました。

学生時代、授業時間外のゼミの様子

これからかなえたい夢・目標

経営を学びながら開業することや元々スポーツをやっていた経験を活かしプロ選手のトレーナーとして働きたいという夢があるのですが、今はスポーツをする中高生たちをトレーナーとして支えながら、地域に貢献したいという気持ちが育ってきています。一番の大きな目標は、まだまだ知れ渡っていない鍼灸をより多くの方に広め、「鍼灸ってこんなにも良いものなんだ!」と知ってもらうことです。そのために、現場で数々の経験を積み、診断や施術の引出しをどれだけ多く持てるかが大切になってきます。まずは目の前の患者さん、一人ひとりを丁寧に施術していきたいと思います。

一人ひとりの患者さんを丁寧に対応します

北山 心哉さん

一般社団法人心身calm学会(熊本鍼灸治療院):一休庵(往診)/鍼灸学科 午前コース 卒/2017年卒

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

森ノ宮医療学園専門学校(専修学校/大阪)