• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 埼玉
  • 共栄大学
  • 先生・教授一覧
  • 平林 信隆教授(グローバルビジネス論 多文化理解 リーダーシップ論 経営学)

こんな先生・教授から学べます

「まずは体験する」機会を惜しみなく与えてくれる先生

グローバルビジネス論 多文化理解 リーダーシップ論 経営学
国際経営学部 
平林 信隆教授
先生の取組み内容

現在、私が取り組んでいることは大きく3つに分けられます。
1つ目のキーワードは「多様性」。一言で「多様性」といっても、国や文化の違いから能力や性質の違いまで、本当に様々です。その多様性が進んだ環境に学生たちを浸らせ、相乗効果をもたらし、最終的には個々人の成長に繋げていくのが私の目論見です。
2つ目のキーワードは「コミュニケーションとホスピタリティ」。相手の違いを受け入れ、かつ理解し、その上で個人として成長することが、これからのコミュニケーションやホスピタリティにとって重要になります。
3つ目は「自分の歩幅で目標を設定し、実現に向けて行動できる」学生を育成していくことです。ここでのポイントは、何事も別の角度から見ることで景色が変わってくる、ということを学生たちに体験してもらうことです。

産学連携プロジェクトを通じて、学生たちの成長を促す

授業・ゼミの雰囲気

学生の個性を見極めて、その年のゼミのテーマを決めるという柔軟性。究極のアクティブラーニング実践中!

学生へのインタビューを踏まえて、その年のゼミの方向性を決めるという平林先生。『多文化理解と異文化コミュニケーション―多国籍学生チームと共に学んだ理論と実践―』という書籍の出版から「ディズニーランド」のホスピタリティ研究、さらには英語学習AIロボットの活用法研究まで、ゼミのテーマは多岐にわたる。多彩なテーマが行き交うゼミだが、その根底にあるのは、社会心理学や組織行動学やグローバルビジネス論を専門とする平林先生の「多様性の中で有意義な体験をしながら、各自の能力を高めてほしい」という想いだ。

著名な企業と連携して、英語学習AIロボットの活用法を共同研究することも

キミへのメッセージ

経験を積むことで不安は自信に変わります。一緒に多様な体験をしよう!

不安が増しやすい時代ですが、不安を克服するには「体験する」ことが大切です。環境は私が整えます。あとは主体的に行動してください。他人との違いを受け入れて一緒に成長できる学生を求めています!

平林 信隆教授

専門:国際経営学、組織行動学、心理学、社会学など
早稲田大学理工学部卒業。南カリフォルニア大学経営学修士(MBA)。EUビジネススクール経営学博士。ソニー・サービスセンター・ヨーロッパ(ベルギー)、(株)クロスウェイブコミュニケーションズ執行役員、ソニーコミュニケーションネットワーク(株)執行役員、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーション統括部長、ソニー(株)統括部長を経て、2017年より現職。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

共栄大学(私立大学/埼玉)
RECRUIT