• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 富山
  • 富山福祉短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 島津 咲希さん(幼児教育学科/保育士)

子どもの成長に触れられる保育士は魅力ある仕事です

先輩の仕事紹介

「楽しかった」「もう1回したい」。あふれる子どもの笑顔が私の背中を押してくれます

保育士
幼児教育学科/2017年卒
島津 咲希さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

いま勤めている保育所では、3~5歳児の縦割りクラスと3歳児クラスを担任しています。普段からマイナスな発言をしないようにするなど、子どもたちと日々接するうえで言葉遣い一つから気を配ることが大切で、まだまだ保育という仕事の難しさを感じる毎日です。特に、発表会や運動会といったイベントがある時は、綿密な計画やいろいろな準備が必要になります。正直、「大変」と思うこともありますが、その分、終わった後の達成感も大きいですよ。何よりもやり遂げた子どもたちの姿が一番、元気をくれます。「楽しかった」「もう1回したい」。あふれる笑顔を見ていると、「よし、またがんばろう!」という気持ちが自然とわいてくるんです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

子どもが好きなのは、物心がつく前からだったようです。私が保育所に通っていた頃の連絡帳を母が保管してくれていて、保育士になってから参考にしようと見返してみました。すると、そこには「素敵なお姉さんです」と書かれていたんです(笑)。4歳になった時には既に、入所してきたばかりの子たちのお世話をしていたみたい。担任の先生も大好きで、この時からなりたい職業は保育園の先生でした。その夢がかなった今、職場の先輩たちのように保育士としてもっともっと成長していくのが目標です。そして、いつかは、障害などに関係なく子どもが集まり、みんながハッピーに過ごせる保育園を、自分自身でつくることができればと考えています。

イベントの運営は大変ですが、やりがいも大きいですよ

学校で学んだこと・学生時代

保育士を目指して通った短大時代、保育園や児童養護施設など幅広い施設で実習するなど、さまざまな経験を重ねる中で成長につなげることができました。中でも、ふくたんの教育目標である「つくり、つくりかえ、つくる。」は、いまの自分自身を超えて常に成長していくことを表したものであり、保育の現場で働く今でも大切にしている合言葉です。加えて、ふくたんの先生方にも大変お世話になりました。学生との距離が本当に近く、実習での困りごとやピアノの練習、進路のことなど、何でも相談できる環境でした。保育士は、子どもの成長をすぐそばで感じられるとても素敵な仕事です。そんな夢をふくたんは全力で応援してくれますよ。

福短祭を一緒に頑張ったみんなとの記念写真

島津 咲希さん

富山市立朝日保育所/幼児教育学科/2017年卒/富山県立小杉高校卒業後、富山福祉短期大学(ふくたん)幼児教育学科に進学。ふくたん時代は学友会会長として「福短祭」の企画・運営をリードするなど、多彩な経験を重ねた。公務員採用試験に合格し、卒業後は富山市(保育士)として勤務。西田地方保育所に2年間勤め、現在は朝日保育所で3~5歳児の縦割りクラスと3歳児クラスを担任している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

富山福祉短期大学(私立短期大学/富山)
RECRUIT