• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 新潟医療福祉大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 桑原 貴之さん(リハビリテーション学部 作業療法学科/作業療法士)

私立大学/新潟

ニイガタイリョウフクシダイガク

患者様と目標に向かって二人三脚でリハビリに取り組むことで、信頼関係を築くことができます.

先輩の仕事紹介

患者様がもとの「人生の質」を取り戻せるよう、幅広い支援ができるのが作業療法士の魅力です

作業療法士
リハビリテーション学部 作業療法学科/2014年3月卒
桑原 貴之さん

この仕事の魅力・やりがい

作業療法士になって4年目。総合病院に勤務し、地域の患者様やご家族のためにリハビリをサポートする充実した毎日を送っています。作業療法の現場では、患者様の状態によって必要な知識・技術が異なります。そのため、疑問に感じることも生じますが、そんな時はわからないことをそのままにせず、自分で調べたり、先輩に聞いたり、理学療法士や看護師に聞いたりしながらしっかりと理解するよう心がけています。新潟医療福祉大学では他職種と一緒に学ぶ連携ゼミがあったので、「誰に聞けば解決するのか」が迷わずわかるようになりました。これからも患者様と二人三脚で目標を達成し、喜びを共有していきたいと思います。

学校で学んだこと・学生時代

高校時代に祖母の介護を手伝うなかで「作業療法士」という職種を知りました。調べてみると、身体の障害だけでなく、仕事や家事などの生活、さらには精神の障害に対しても治療を行うことを知り、その幅広さに興味をもったことがこの道に進むきっかけです。そこで、国家試験の合格率や就職率の高さと、オープンキャンパスで出会った優しい先輩たちに魅力を感じ、新潟医療福祉大学に進学しました。学生時代には先生方の指導のもと「UROP(ユーロップ)」という学生研究プロジェクトに参加し、研究成果を発表する機会も持てました。この経験で研究の楽しさを知ったので、今後は大学院に進学しようと考えています。

土の中から野菜を収穫する動作のリハビリ。作業療法の支援はとても幅広いのです

業界ココだけ話!

立つ・歩くなど基本動作を支援する理学療法士と比べ、作業療法士の支援は幅広く、長期間にわたることがあります。人生をいかに楽しむか、つまり「Quality Of Life(QOL)」まで介入することが多いのが作業療法士なのです。例えばかつて私は、手が麻痺したパン職人さんを担当させていただきました。その患者様は「もう一度パンを作りたい」というご希望をお持ちだったので、それを叶えるために患者様の調理場に行き、どうすればパンを焼けるかを支援させていただいたこともあります。このように作業療法は、いかに患者様の人生の質を高められるか、ということを考え支援できるのが魅力だと思います。

作業療法士は患者様の「人生の質」を高められる職業だと思います

【専門知識や技術が身につく】を大事に働く先輩のインタビュー動画をチェック!

 

桑原 貴之さん

新潟大学地域医療教育センター 魚沼基幹病院 リハビリテーション技術科 勤務/リハビリテーション学部 作業療法学科/2014年3月卒/新潟県出身。作業療法士の仕事内容に興味を持ち、国家試験合格率と就職率の高さも魅力の新潟医療福祉大学に進学する。大学時代はロードバイクにのめり込みんで隣県などへも遠出するなど、勉強と趣味を両立する充実した生活を満喫する。同時に先生の指導で「学生研究プロジェクト(UROP)」に参加して手と足の神経のつながりを研究し、その研究成果を発表する機会も持つ。今後は大学院進学も視野に入れ、いずれは教員として後進を育成することも考えている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

新潟医療福祉大学(私立大学/新潟)