• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 新潟医療福祉大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 五十嵐 佳南さん(リハビリテーション学部 理学療法学科/理学療法士)

私立大学/新潟

ニイガタイリョウフクシダイガク

先輩の仕事紹介

患者様から「ありがとう」という言葉をかけられると、ジーンときてしまいます

理学療法士
リハビリテーション学部 理学療法学科/2015年卒
五十嵐 佳南さん

この仕事の魅力・やりがい

当院のリハビリテーション科でとりわけ多いのは、骨折や関節変形といった整形外科からの患者様、それからCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の患者様です。理学療法士は、そのような患者様が再び日常生活に戻っていけるように手助けするのが仕事です。一口に「リハビリ」といっても、一人ひとりの疾患が異なりますし、また体質や性格、生きてきた環境も違うため、それぞれの患者様にふさわしい方法を見つけていかなければなりません。もちろん困難はありますが、それ以上に、徐々に笑顔が増していく患者様を見ていると、やりがいを実感します。退院時などに「ありがとう」と言われると、ジーンと心にしみますね。

この分野・仕事を選んだきっかけ

中学時代はバレーボール部、高校時代はソフトボール部に所属していたこともあり、将来はスポーツに関わる仕事がしたいと思っていました。自分なりに調べているうちに、スポーツ分野でも活躍できる「理学療法士」という職業を知って、すぐに興味を持ちました。スポーツ分野から病院での理学療法に興味が移り出したのは、大学3年の春です。その頃、叔父が肺の疾患で亡くなったのですが、たまたま授業でも呼吸リハビリテーションについて学ぶ機会があり、「自分のやるべき仕事はこちらの方向だ」と思いました。そんな経緯があり、呼吸リハビリテーションに力を入れている当院への就職を希望しました。

少しずつ、自分で出来ることが増えていく患者様の喜びを共有出来るところも、理学療法士の魅力です。

学校で学んだこと・学生時代

いちばん印象に残っているのは2年次から4年次にかけての臨床実習です。実際に病院に行って理学療法士の仕事を目の当たりにしながら、患者様とのコミュニケーションの取り方など、たくさんのことが学べました。また、学内での実習や実技では、仲間と一緒に朝から晩まで四苦八苦したことが、今となっては楽しい思い出になっています。卒業研究ではゼミの先生の懇切な指導のもと、テーマを決めて準備、測定、発表まで経験しました。その時に先生から言われた「すべては患者さんのために」という言葉は今でも強く心に残っていますし、その言葉のおかげで日々の仕事にまっすぐに取り組めています。

他のリハビリ専門職と協力しながら、患者様を支えています。

五十嵐 佳南さん

社会医療法人 新潟臨港保健会 新潟臨港病院 リハビリテーション科 勤務/リハビリテーション学部 理学療法学科/2015年卒/新潟市出身。現在、病院での勤務と並行して新潟医療福祉大学大学院で呼吸器疾患のリハビリテーションについて研究を進めており、「研究の成果を患者様に還元できれば」と語る。「将来的には疾患の予防活動に幅広く関わりたいです」とのこと。趣味は、インディアカ(ドイツ発祥の競技。バレーボールのように、ネットをはさんだ2チームが羽根のついたボールを手で打ち合う)、カメラ、読書、観葉植物、ランニング、など多方面にわたる五十嵐さん。「広く浅くなんですけど……好奇心が旺盛で」と笑う。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

新潟医療福祉大学(私立大学/新潟)