• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 新潟
  • 新潟医療福祉大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 小嶋 久美子さん(社会福祉学部 社会福祉学科/スクールソーシャルワーカー)

私立大学/新潟

ニイガタイリョウフクシダイガク

先輩の仕事紹介

子どもの未来を左右する仕事なので責任は重大――だからこそ、やりがいを感じます

スクールソーシャルワーカー
社会福祉学部 社会福祉学科/2012年卒
小嶋 久美子さん

この仕事の魅力・やりがい

スクールソーシャルワーカーとは、不登校や問題行動、発達障害など、学校や日常生活で困り感をもっている子供を支援する社会福祉の専門職です。小中学校からの要請を受けて、学校や家庭に出向きます。子供や保護者と面談をし、本人はもちろん家族や友人、学校や地域などの周囲の環境に働きかけて、一緒に問題を解決していきます。学校という枠を越えて、子供やその家族を必要な関係機関へつなぐ橋渡しをする存在でもあります。同じケースはただの一つとしてないので難しい面もあります。しかし、それがやりがいにもつながります。「次はいつ来るの?」「もっと早く会いたかった!」――子供や保護者からの言葉が日々の原動力となっています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

小学3年の時に大好きだった曾祖母に介護が必要となった際、何もしてあげられなくて悔しい思いをしたことが、福祉分野に進もうとしたきっかけです。高校時代も福祉系の科目を選択履修していました。もともと子供が大好きだったこともあり、福祉の中でも“児童福祉分野”への興味が増したのは、大学3年生です。子育て支援について調べたところ、まだまだ支援策が不足していることが分かり、困り感をもった子供や家族の役に立ちたいという想いが強くなり、現在の仕事に就きました。

「遊び」を通じて、子どもたちとの信頼関係を築いています。

学校で学んだこと・学生時代

勉強面では、総合的な視点から福祉問題を捉える発想を育むことができた丸田先生のゼミが印象に残っています。3年次に市役所で現場実習ができたこと、4年次に行政主催の子育て支援の学生委員として活動できたことが、現在の仕事にも活かされています。部活動では、Kisd部(障がいのある方の余暇支援)に所属し、BBQや一泊旅行、買い物などを通じた交流、介助方法の勉強会などの活動を行いました。また、ソフトボール部にも所属し、多くの仲間と学科を越えた深い交流ができました。私にとって他職種連携の原点です(笑)。現在仲間は全国に散らばっていますが、それでも年に一度は集まって旧交を温めています。

関係機関や保護者の方と連携しながら仕事を進めます。

小嶋 久美子さん

新潟県教育庁 上越教育事務所 学校支援第2課 勤務/社会福祉学部 社会福祉学科/2012年卒/新潟県妙高市(旧新井市)出身。新潟医療福祉大学を卒業後は、特別養護老人ホーム等で生活相談員として勤務し、2017年4月から現職。三姉妹の長女。趣味は海外ドラマ鑑賞で、好きなジャンルは医療ものと刑事もの。好物は焼き肉。「いかにして気分転換するかは、この仕事を続けていく上での大切なポイントです」。理想のスクールソーシャルワーカー像は「どんな状況でも話しかけやすい人」とのこと。新しい職種であるスクールソーシャルワーカーという専門職が、制度的にも確立されることに少しでも貢献したいと話す。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

新潟医療福祉大学(私立大学/新潟)