• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 新潟
  • 新潟医療福祉大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 佐藤 ほのかさん(リハビリテーション学部 義肢装具自立支援学科/義肢装具士)

作ったものがその人の身体の一部になる仕事です

先輩の仕事紹介

QOL(=生活の質)の向上に貢献できるよう、いっそう技術を磨いていきたいです!

義肢装具士
リハビリテーション学部 義肢装具自立支援学科卒/2019年卒
佐藤 ほのかさん

この仕事の魅力・やりがい

1年目の現在は、シューホーンブレースと呼ばれるプラスチック製短下肢装具を作っています。脳卒中による後遺症などで身体の片側に麻痺が残ると、立つのが不安定になったり歩くのがままならなくなったりするんですが、そんな患者さまが立ったり歩いたりするのをサポートする装具です。人の役に立つ仕事というのはたくさんありますが、義肢装具士の場合は、作ったものがその人の身体の一部になることで物理的にサポートできるので、そこに確かな手応えとやりがいを感じます。自分の作った装具を装着していただいた方から「楽になった」「助かっている」というお言葉を頂いた時に、この仕事を選んで良かったと心から思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

幼い頃は体が弱く病気がちで、入退院を繰り返していたので、病院は身近な存在でした。自分も大きくなったら医療系の仕事をしようという気持ちが自然と芽生えていました。また、DIY(日曜大工)で家具を作ったりしていた父の影響で、モノづくりも好きでした。高校生になって進路を考える時期に、塾の先生から「新潟医療福祉大学はどうか?」と勧められたこともあり、大学フェアに出向いて職員の方にお話を聞きました。その時に「義肢装具士」という職業があることを知り、医療職に就きたいというかねてからの希望とモノづくりへの関心がぴったり合致して、自分にはこの道しかない!と強く思いました(笑)。

モノづくりが好きな私にとって、最適な仕事です

学校で学んだこと・学生時代

挙げ始めるとキリがないほどに、本当にたくさんのことを学ばせてもらった、充実の大学生活でした。とりわけ印象に残っているのは、2年次の連携基礎ゼミでしょうか。様々な医療職を目指す他学科の学生と一緒に学ぶことで、立場によっていろんな考え方や視点があることを知り、「チーム医療」の大切さを身に染み込ませた貴重な機会でした。また、3、4年次の臨床実習では、患者さまとの関わり方など授業では学べないことをたくさん学ばせていただき、人間的にも成長することができたと思います。ある先生が何度もおっしゃていた「患者さまと話す時は、姿勢を低くして、できるだけ同じ目線で」という言葉が、今でも心に鮮明に残っています。

入社したばかりなので、先輩から教わることは多いです

佐藤 ほのかさん

田村義肢製作所勤務/リハビリテーション学部 義肢装具自立支援学科卒/2019年卒/新潟市出身。趣味は冬はスノーボード、夏は音楽フェスに行くこと。「特定のアーティストを見に行くというよりも、フェスの雰囲気がとにかく好きなんです」と笑う。将来の目標は「まずは一人前の義肢装具士になることです。その上で、自分にしかできない技術を身につけたいと思っています。佐藤さんに作ってもらいたいっていつか言われたいですね」。職場には新潟医療福祉大学卒の先輩がたくさんいて、様々な面で手厚いサポートを受けている。「進路選択に間違いはなかったと言い切れます!」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

新潟医療福祉大学(私立大学/新潟)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路