• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 新潟
  • 新潟医療福祉大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 天野 ます美さん(リハビリテーション学部 理学療法学科/理学療法士)

患者様の不安を軽減できるよう、指導を行います

先輩の仕事紹介

患者様と回復の喜びを分かち合えるのがこの仕事の魅力です!

理学療法士
リハビリテーション学部 理学療法学科卒/2013年卒
天野 ます美さん

この仕事の魅力・やりがい

勤務しているのは地域の総合病院ですので、リハビリテーションに関わる患者様の疾患は多岐にわたります。その中でも私は内部疾患(心臓病や呼吸器疾患、腎臓病など)の患者様のリハビリを担当しています。骨折などと違って目に見えない疾患のため、退院後の生活に不安を覚える患者様が多数いらっしゃいます。そんな不安を少しでも軽減できるように、入浴などの具体的な日常生活の練習や、適切な運動の仕方について提案や指導を行っています。退院された患者様が受診の際にリハビリ室に顔を出してくれて「あの時はありがとう。元気になったよ。仕事にも復帰したよ」などと笑顔で言ってくれると、理学療法士になって良かったなあと心から思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

中学生の頃から漠然と「人の役に立てる医療か福祉の仕事がしたい」と考えていました。高校1年の時に夏休みを利用して、とある病院の体験実習に参加しました。そこで理学療法士が働いている姿を目の当たりにして、患者様を「助ける、支える」だけではなく、「治療の過程に参加して、より良くしてあげられる」仕事っていいなと思いました。また、その体験実習で病院に対するイメージもずいぶんと変わりました。それまでは深刻で暗いイメージが強かったんですが、リハビリスタッフと患者様が楽しそうに笑い合う姿が心に鮮やかに残りました。私も患者様のやる気や希望、そして、笑顔を引き出す仕事がしたいと考えるようになりました。

こまめに患者様の記録をつけていきます

学校で学んだこと・学生時代

なんといっても印象に残っているのは、2年次から4年次にかけての臨床実習です。慣れないレポート作成やカルテ書きに苦戦しましたし、緊張のあまり上手くいかないことも沢山ありましたが、友人たちや先生方に助けてもらいながら、なんとか終えることができました。臨床実習は一言で言えば「大変」ですが、医療現場で働く理学療法士と直に接することができますので、それ以降の勉強のモチベーションに繋がります。現在は実習生を迎える立場になりましたので、頼りがいのある理学療法士だと思ってもらえるように、また、この仕事が楽しくやりがいのあるものだと思ってもらえるように、意識して実習生に接しています。

理学療法士の仕事では、同僚との協力が大切です

天野 ます美さん

社会医療法人新潟勤労者医療協会下越病院 リハビリテーション課勤務/リハビリテーション学部 理学療法学科卒/2013年卒/新潟市出身。心臓リハビリテーション指導士および呼吸療法認定士の資格も有する。中学時代はソフトボール部、高校時代は書道部に所属。趣味はヨガと登山、そして筋トレ。「でも、同僚たちとご飯を食べに行くのも大好きなんですよ」と笑う。この先の目標としては「病気になる前の予防の分野でも貢献したいと思っています」とのことで、病院以外の在宅や地域での理学療法の提供に関心を持っている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

新潟医療福祉大学(私立大学/新潟)