• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 新潟
  • 新潟医療福祉大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 小松 靖枝さん(医療技術学部 臨床技術学科/臨床工学技士)

スペシャリストとして、日々研鑚を積んでいます

先輩の仕事紹介

生命維持管理装置のスペシャリストとして、チーム全体を見渡して手術に臨んでいます

臨床工学技士
医療技術学部 臨床技術学科 卒/2016年卒
小松 靖枝さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

私の勤める病院では、循環器業務と透析・機器管理業務に分かれており、私は心臓手術チームの一員として人工心肺の操作を行ったり、不整脈治療や補助人工心臓を装着した患者様の管理・リハビリ介助などの循環器業務を担当しています。大学病院なので緊急の手術も多く、無事に手術が終わり、患者様の元気にされている姿を数日後に拝見したり、心臓移植のような大変な手術が無事に終了した時にはほっとして、嬉しくなります。手術はチームで行うものですから、自分の仕事に集中するだけでなく、周りを見渡して仕事をすることが大切です。患者様の動態はもちろん、術者がやりやすいようにサポートすることを心がけています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

ドラマの影響で医療職に興味を持ち、高校の頃は化学が得意だったので薬剤師や臨床検査技師などに興味を持っていました。臨床工学技士に興味をもったきっかけは、高校の総合学習の時間に現役の臨床工学技士の方からお話を聞いたことです。人工透析装置の仕組みについて、コーヒー牛乳を使って原理から治療の意味まで分かりやすく説明していただき、私自身理系分野が得意だったこともあり興味を持ちました。後日病院も見学させていただき、実際に働く姿に感動を覚えました。ですから臨床工学技士と臨床検査技師のダブルライセンス取得が目指せる新潟医療福祉大学に入学し、4年次の臨床実習で両方を経験して「臨床工学技士になろう」と決めました。

人工心肺の操作を担当しています

学校で学んだこと・学生時代

臨床工学技士の仕事では、機器の知識だけでなく、患者さんの検査データの理解・分析が必要不可欠ですから、臨床工学技士と臨床検査技師、双方の知識を得て臨床の現場に出ることができたことはよかったと思います。私は大学時代はテニス部に所属しており、他学科の同期や、なかなか普段は関わりのない先輩とも交流を持つことができ、試験勉強や就職活動のアドバイスをもらえました。先生はとても親身で、みんなと同じやり方では伸びにくい学生にも一人ひとりに合わせて国試対策をしてくれましたし、臨床経験のある先生が多く、授業では現場でのトラブル対応の話なども交えて教えてくれるので、興味をもって勉強することができました。

手術チームがやりやすいよう気を配ることが大切です

小松 靖枝さん

埼玉医科大学国際医療センター MEサービス部 勤務/医療技術学部 臨床技術学科 卒/2016年卒/「現状維持で満足せず、学会や勉強会などで最新の知見を積極的に取り入れて、職場に還元していきたいです」と専門職としての目標を語ってくれた。身体を動かすことが好きで、休日にはランニングやジムでのトレーニング、サーフィンや川下り、キャンプなどのアウトドアなリフレッシュを楽しんでいる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

新潟医療福祉大学(私立大学/新潟)
RECRUIT