• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 新潟医療福祉大学
  • 他の卒業後のキャリア一覧
  • 生活に潤いを!!

私立大学/新潟

ニイガタイリョウフクシダイガク

生活に潤いを!!

柏崎高等学校
今井 和貴さん
現在、私が勤務している茨内地域生活支援センターでは、市の「相談支援事業」「地域活動支援センター事業」、県の「障害者地域生活支援センター事業」を行っています。
私の主な業務は、「相談支援事業」において、地域で生活している方の困りごとに対応することです。生活するうえで一人では解決できないことの相談を受け、本人とよく話し合い、自宅へ行ったり必要な書類や物品を用意するなど、障害福祉サービス等を行ったりします。その支援において大切にしていることは、本人の望んでいる生活を理解・想像し、本人らしい生活のお手伝いすることです。私たちが解決するのではなく、本人が持っている力で実現できるようにすることが大切であると思います。
今も大切だと感じている大学時代に学んだ「聴く」という言葉。「聞く」「聴く」という言葉の違い以上に、実践することは違います。「聴く」ことの難しさと奥深さを感じながら、これからも頑張ります。

Q大学で学んだことは何ですか?

特に印象深いのは実習です。実習前は講義の中で言葉や概念として頭で理解していたものが、実習を通してそれらが具体的なイメージとなり理解が深まったと感じました。さらに実習後は、先生方もとても丁寧に実習の振り返りをしてくださり、さらに理解が深まったと感じています。たとえば、今でも大切だと感じている「聴く」という言葉。「聞く」「聴く」という言葉の違い以上に、実践することは違います。今でも「聴く」ことの難しさと奥深さを感じますが、そういった大切な気付きができるのが実習だと思っています。
また、新潟医療福祉大学は、多くの学科があり、色々な人と知り合えることが魅力だと思います。現在の仕事に就いて感じたのは、自分の中でより多くの引き出しを持っていることの重要性です。それに関して、新潟医療福祉大学はそういった機会に恵まれており、色々な人との交流を通して自分の視野を広げることができると思います。

Q今後の目標・抱負をお聞かせください。

目の前にいる方が、その人らしく生活できるように、少しでも役に立つことです。その為に、大学で学んだこと、また業務の中で経験したことを活かし、本人主体の支援を貫きたいと思っています。

Q本学の就職率は全国でもトップクラスを誇っていますが、その理由はどこにあると思いますか?

先生方の力だと思います。現場で活躍されていた先生方が多く、講義の中でも、実習指導でも、より実践的な指導をしてくださることが大きいと思います。さらには、先生方が熱心に指導してくださることが、学生を通して、就職先の病院や事業所などに伝わっていると思います。

Q国家試験合格に向けた学科でのサポートや、ご自身で努力されたことなどについて教えてください。

まずは、講義、国家試験対策の特別講義に出て基礎的な部分を押さえることが大切だと思います。それと同時に、過去問を解き、出題傾向に慣れることが大切だと思います。自分にとって役立ったと感じたことは、友人と問題を出し合ったことです。それぞれ得意科目が違ったこと、違う参考書を使っていることで幅広い問題に触れ、また間違った際に、なぜ違うかの根拠を説明したり、されたりすることで学習が進んだと思います。

Q受験生の皆さんにメッセージをお願いします!

まずは、キャンパスライフを楽しんで、自分の生活に潤いを持たせましょう。楽しむ中で、色々人のいいところを探してみてください。それはきっと大きな力になると思います。
新潟医療福祉大学(私立大学/新潟)