• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 大阪
  • 大阪人間科学大学
  • 他の在校生レポート一覧
  • 【社会福祉学科】''子どもたちを助けたい’’一心で勉強中。

【社会福祉学科】''子どもたちを助けたい’’一心で勉強中。

大阪夕陽丘学園高等学校
青木歩美さん
”人の力になりたい”という想いから進学を決意

高校生のときに、近所の衣料品店で身体障がい者の方が販売スタッフとして働いている姿を見て、「障がいがあっても働ける」ということを改めて認識。そういった方々を支援する社会福祉士になりたいと考えるようになりました。進学は、オープンキャンパスに参加した際、先生方から積極的に話しかけていただいたことから雰囲気の良さを感じて、大阪人間科学大学を選びました。
オープンキャンパスの時に感じた“少人数制なので先生との距離が近い”ということも、3年次生になったときに実感しました。実習に行くことになった際に、どうしても自分で解決できないことがあったのですが、疑問や不安に対して親身になって相談にのってくださいました。それ以降は、さらに打ち解けられるようになりましたし、今ではプライベートなことも相談できるような関係になり、それ以降はさらにこの大学の良さを心から感じているところです。

子どもたちの力になりたいと思わせてくれた「相談援助演習」

1年次から始まる相談援助技術を身に付けるための、「相談援助演習」という授業があります。お互いの価値観や意識の違いを学ぶことから始まり、グループディスカッションや、具体的な事例への専門家としての対処法を考えるなど、学年が上がるごとに内容が高度化していく授業です。自然と知識やスキルが学べて、興味を持って授業に臨むことができました。
初めての児童養護施設での実習では子どもたちのかかわり方が難しく、悩んだこともありましたが、実際の現場に出てみると改めて「子どもたちの助けになりたい!」という気持ちが強くなりました。また、様々な福祉の現場を見ておきたいという気持ちから、大学の授業とは別に、自主的に高齢者施設のボランティア活動にも参加しました。

子どもたちの理想の相談相手になるために

最初は、障がい者の方々を支援する社会福祉士を目指すために大阪人間科学大学に入学しましたが、授業や実習、ボランティア活動など様々な経験をする中で、少しずつ自分の進みたい方向性も変化し、不登校やいじめ、家庭問題などに悩む子どもたちをサポートするスクールソーシャルワーカー(以下、SSW)の仕事に興味を持つようになりました。社会福祉士の国家試験合格を目指すとともに、SSWの資格取得にも力を入れていきたいと考えています。社会福祉士の資格取得者でないとSSWとして相談業務に従事することができないので、まずは資格取得に向けて注力したいと思います。そのうえで教育機関に勤務し、子どもたちの理想の相談相手となり、支えてあげるのが夢ですね。

受験生へメッセージ
大阪人間科学大学は社会福祉士や精神保健福祉士といった専門職を目指している学生ばかりなので、資格取得に向けて一緒に頑張ろうと団結することができます。福祉の学びは、他者の立場に立って物事を考えるということが基本。高校時代から周りの友だちの態度や言動など、どんなことにも“なぜ?”という疑問を持って相手の気持ちを考えるようにしてください。そうすれば、大学入学後の授業に対する理解度が深まると思います。
大阪人間科学大学(私立大学/大阪)
RECRUIT