• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • アップルスポーツカレッジ
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 健康スポーツ科

新潟県認可/専修学校/新潟

アップルスポーツカレッジ

健康スポーツ科

募集人数:
40人

国家資格「保育士」取得可能!こどもから高齢者まで、運動の楽しさと健康を届ける指導者を目指す!

学べる学問
  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    哲学、心理学、歴史学、文化人類学、社会学、法学、そして生命科学や人類学、人工知能など、文系・理系両分野を通して多角的に、あるいは総合的に人間について考える。

  • 教育学

    よりよい教育とは何かを様々な角度から研究する

    講義や教育実習を通して、人間が育っていくプロセスのさまざまな問題を研究していく。学校の他、家庭や社会、産業など多方面から人間教育を考え、理論や目的、指導方法などを学ぶ。

  • 保育・児童学

    子供の成長や健康を研究し、保育、教育に役立てる

    子どもの心と体の発達を総合的にとらえ、成長によりよい教育や環境を考える学問。児童心理学、児童保健学、児童福祉学、児童教育学、児童環境学、児童文化学などの研究領域がある。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

目指せる仕事
  • 幼稚園教諭

    “子どもが好き”を原点に、一人ひとりの個性を育てる

    毎朝登園した幼児の健康状態をチェックし、音楽、絵画、運動や遊びなどの指導をする。幼児は体調を崩しやすいので、十分な目配りが必要な仕事だ。子どもたちへの直接の教育のほか教室の掃除、カリキュラムの作成、園児の行動記録など仕事の範囲は広い。

  • 児童指導員

    児童福祉施設での“親がわり”

    児童指導員は、養育放棄などのさまざまな事情で入所してきた子どもたちやしつけや学習指導、生活上のアドバイスを行う。また、児童相談所や子どもの通学する学校との連絡や、子どもの引き取りをめぐって親と連絡をとったり、面接をするなど、子どもの養育と社会関係の調節も必要な仕事。

  • 保育士

    乳幼児を保育し、成長をサポート。保護者への情報提供も

    食事、排泄、睡眠、遊びなど日常生活を通じて、健やかな心と身体を持った子どもに成長するように援助する仕事。保育所は仕事と育児を両立させる父母を支え、乳幼児を保育する児童福祉施設だが、特に最近では単に子どもを預かるだけでなく、保育情報の提供や相談などが重要な役割となっている。

  • 福祉・介護職員

    食事、入浴からレクリエーションまで、要介護のお年寄りや障害者の生活を支える仕事

    介護が必要なお年寄りや障害者に対して、食事、入浴、排せつ、衣服の着脱、移動などのサポートをする。さらに散歩や買い物の援助、レクリエーションの企画・実施など仕事の内容は幅広い。老人福祉施設や障害者福祉施設などに就職して、入居者をサポートする場合もあれば、訪問介護サービス事業者に就職し、利用者の自宅でサポートを行う場合もある。

  • スポーツインストラクター

    各種スポーツの技術指導を行う

    スポーツクラブやトレーニングジムに勤務し、各種スポーツの技術指導を行う。スポーツによって指導のポイントが異なり、ゴルフ、テニスなど技術の習得が目的の場合は実技指導、アスレチック、エアロビクスなどの健康維持が目的のものは実技指導のほか日常生活や食事のアドバイスも行う。

  • 体育教師

    授業や課外活動でスポーツの指導をする

    児童・生徒に陸上競技、球技、水泳など様々なスポーツの指導や、体の仕組み、応急処置などの知識を教える。積極的に運動を楽しむこころを育てるとともに、適度な運動で健康な体をつくることをめざす。中・高等学校では運動部の顧問として活躍することも多い。

  • レクリエーションインストラクター

    レクリエーション活動の提案や指導をする

    学校や職場、町内会などでスポーツ、ゲーム、イベントといったレクリエーション活動の指導をしていく。時には、レクリエーションの提案をしたり、イベント等の主催者の相談にのるなど、社会的にレクリエーションの大切さを啓蒙していくことも大切な仕事だ。

  • 監督・コーチ

    スポーツ選手の強みや弱みを把握し、勝てる選手になるよう鍛え、試合を導く

    野球やサッカー、バレーボールなど、プロおよびアマチュアスポーツの監督・コーチとして、選手の育成や試合の指導を行う。医学やスポーツ科学など科学的なアプローチのし方から、メンタル面の支援など、幅広い知識と経験も問われる。個々の選手の強み・弱みを把握し、より強くなるよう指導したり、「勝てる」試合運びを指導したりする。Jリーグでは日本サッカー協会が認定する指導者資格(コーチライセンス)のS級を取得していないと監督になれないなど、競技によって、コーチ育成のための研修・資格認定を受ける必要があることも。

  • スポーツ審判員

    各種競技によって審判員制度がある。実績を積みながら大きな試合の審判員へと成長する。

    野球やサッカー、バレーボール、テニス、柔道など競技によってそれぞれ審判員の制度があり、資格を取得して審判を行う。中には弟子入りして修業を重ねるものもある。ただし、スポーツ審判員を主な収入源として仕事にできるのは、プロ野球、相撲、一部の格闘技、競馬・競輪の判定程度。ほとんどは本業を別に持ち、ボランティアとして協力するのが一般的。とはいえ審判員の経験や知識は重要で、実績を積みながら次第に大きな試合の審判へと成長する。ちなみにプロ野球の場合は、セ・パ両リーグがそれぞれ不定期で採用試験を行う。

  • ダンスインストラクター

    ダンサーとしての経験や実績を生かして教室やスタジオで指導

    ダンスには、ジャズダンス、ストリートダンス、バレエ、社交ダンスなどいろいろな種類があり、それぞれに教室やレッスンスタジオがあり、インストラクターが活躍している。ジャズダンス、ストリートダンス、バレエなどは特に指導者資格は求められず、ダンサー、バレリーナとしての競技会実績や豊富な経験を生かしてインストラクターを務めている人が多い。社交ダンスの場合は、プロ資格、アマチュア資格が設けられているが、報酬を得て指導をするにはプロ資格が必要となる。

初年度納入金:2017年度納入金 117万円  (保育士・幼稚園教諭の資格を取得する場合〈選択〉は、併修費用別途必要)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

【スポーツ保育短大併修コース】保育士取得可能!こどもにスポーツの楽しさを伝える!
近畿大学豊岡短期大学通信教育部こども学科との併修(選択)で国家資格「保育士」「幼稚園教諭二種」の資格が取得可能。こどもに合った運動指導ができる保育士、キッズインストラクターを目指し、レクリエーション実技や幼児指導論などの技術を習得。現場実習が多く、保育の知識を持った業界エキスパートを目指します。
【体育指導者コース】体育指導者技術を実践的に学び、体育指導のプロを目指す
マット運動や跳び箱、サッカー、バスケットボールなど、小さい頃に習った「体育」の専門指導者を目指し、実際のこどもたちを相手に体育指導演習やこどもの「からだ」と「こころ」をサポートする児童心理など体育指導者技術を実践的・総合的に学習。将来は現在急増している「体育家庭教師」など体育指導のプロを目指します。
【スポーツクラブコース】スポーツクラブで活躍するための知識と技術を学ぶ
フィットネストレーニング、エアロビクス、スイミングを実習中心の授業で基礎から段階的に学びます。また、スポーツクラブでの現場実習や指導実習を取り入れることで実践力を身に付け、一般のお客様へスポーツの楽しさや爽快感、達成感を与えられるインストラクターを目指します。
【福祉スポーツコース】高齢者や障害者の「こころ」と「からだ」をサポートして健康を応援
高齢者の介護予防、障害者スポーツ支援ができる人材を目指し、健康管理学やシニアスポーツ、手話などを学びます。また養成認定校の「健康運動実践指導者」などのスポーツ系資格のほか、「介護職員初任者研修修了者」や「介護予防指導士」の資格取得も可能。「スポーツ」と「福祉」の現場で活躍ができ、就職の幅を広げます。

イベント

部活が終わったら…気持ちを切り替えて【オープンキャンパス】に参加しよう!
毎年4月になると、大勢の高校3年生が【オープンキャンパス】に足を運んでくれます。新潟のキャンパスでのオープンキャンパスは毎月開催。また他県でのオープンキャンパスも開催していますので、ぜひ一度、遊びに来てくださいね。お待ちしています!

募集コース・専攻一覧

  • スポーツ保育短大併修コース (豊岡短期大学 通信教育部こども科との併修必修)

  • 体育指導者コース

  • スポーツクラブコース (2018年4月名称変更予定)

  • 福祉スポーツコース

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 保育士<国> (近畿大学豊岡短期大学通信教育部こども学科併修修了で取得可) 、
    • 幼稚園教諭免許状<国> (二種:近畿大学豊岡短期大学通信教育部こども学科併修修了取得可) 、
    • 介護職員初任者研修修了者 、
    • 健康運動実践指導者 、
    • 障がい者スポーツ指導員 (初級) 、
    • スポーツリーダー (日本体育協会認定) 、
    • レクリエーション・インストラクター 、
    • キャンプインストラクター 、
    • ジュニアスポーツ指導員 (日本体育協会認定) 、
    • Word文書処理技能認定試験

    介護予防指導士
    AFAA認定 PC検定
    キッドビクスインストラクター
    幼児体操インストラクター
    小児MFA資格
    日本赤十字社救急法救急員 ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    フィットネスクラブ 、 総合スポーツクラブ 、 公共体育施設 、 スイミングスクール 、 保育園 、 幼稚園 、 幼児体育教室 、 託児施設 、 学童保育施設 、 老人保健施設 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

(医療機関への就職実績もあります)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒950-0932 新潟県新潟市中央区長潟2-2-8
入学サポートデスク 0120-466-771(フリーコール)

所在地 アクセス 地図・路線案内
新潟県新潟市中央区長潟2-2-8 「新潟」駅から長潟・南部営業所行バス 山潟小学校前下車 7分

地図

 

路線案内


アップルスポーツカレッジ(専修学校/新潟)