• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 青森
  • 弘前医療福祉大学短期大学部
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 長谷川 実里さん(救急救命学科/消防士)

救急車で活動できるよう努力を欠かしません

先輩の仕事紹介

助けを求める人に誰よりも早く救助の手を。訓練に励み一人前の消防士をめざしています

消防士
救急救命学科卒/2018年卒
長谷川 実里さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

現在はホースを迅速に準備するなどの消火訓練や、傷病者の症例を想定し3人のチームで本番さながらに行う救命の訓練など出動時に動けるよう備えています。消防士・救急救命士としてやりがいを感じることは「人の命を助けられること」、これに尽きると思います。同時に信頼される救命のスペシャリストになれるよう訓練に励んでおります。

分野選びの視点・アドバイス

中学生の時に同級生が事故で亡くなったことをきっかけに、人の命を助ける仕事に興味を持ち始めました。いろいろ調べたり考えたりした末に「救急救命士」という資格にたどり着きました。現場では体力や筋力が欠かせませんが努力と工夫でカバーしています。また、女性の傷病者には同性ならではの気配りができるなど、女性救急隊員のニーズも高まっています。

速やかに防火衣とヘルメットを着用し出動します

学校で学んだこと・学生時代

思い出深いのは、3年生のときの実地実習。出動指令があり、実際に救急車に乗せてもらい一連の活動を目の前で見学させてもらいました。初めて救急車に乗ったのでとても緊張したことを覚えています。また地域貢献活動への取り組みも積極的で、地域の方へ向けて心肺蘇生法や応急手当法講習会を開催するなど、自分の成長につながる経験も積むことができました。

先輩隊員を見習って、早く一人前になりたいです

長谷川 実里さん

五所川原地区消防事務組合 小泊消防署勤務/救急救命学科卒/2018年卒/大学卒業後、消防士・救急救命士として五所川原地区消防事務組合 小泊消防署に勤務。「助けを求める人を救いたい」という思いを胸に、日々厳しい訓練をこなし一人前の消防士になれるように努力している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

弘前医療福祉大学短期大学部(私立短期大学/青森)
RECRUIT