• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 名古屋学芸大学
  • 在校生レポート一覧
  • 水川 優輝(管理栄養学部 管理栄養学科/3年)

私立大学/愛知

ナゴヤガクゲイダイガク

管理栄養士として病院で働くことをめざしています。休日には病院の厨房で調理補助のアルバイトをしたり、独自の課外活動「Canteen」にも所属し活動しています。

キャンパスライフレポート

患者さんの心に寄り添う献立で、健康をサポートできる管理栄養士が目標です。

管理栄養学部 管理栄養学科 3年
水川 優輝
  • 愛知県 成章高校 卒
  • クラブ・サークル: 弓道部、Canteen

私のキャンパスライフShot!

  • キャンパスライフPhoto

    管理栄養士の実験・実習設備が整っています

  • キャンパスライフPhoto

    自習スペースも多く居心地のいい開放的なキャンパス

  • キャンパスライフPhoto

    課外活動「Canteen」では自分たちで考えたレシピで食事を提供します

学校で学んでいること・学生生活

栄養素や調理実習といった実務的な内容はもちろん、介護や衛生管理、病院における患者さんとのコミュニケーションの取り方など、幅広い内容を学んでいます。3年次からは、病院や給食施設、高齢者施設などで臨地実習もはじまり、即戦力の管理栄養士になるべく日々勉強に励んでいます。

これから叶えたい夢・目標

小学生の頃から母の手伝いをするなど、料理はとても好きでした。管理栄養士の仕事に興味を持ったのは、高校生の時です。高齢化社会や食育など、今後管理栄養士の活躍の場は広がると考え、めざすことに決めました。将来は病院へ就職し、経験を積んだ後は、興味を持っている食事療法・ケトン食の研究をしていきたいです。

この分野・学校を選んだ理由

管理栄養士の国家試験合格者数が中部地区1位ということが決め手です。合格率ではなく合格者数が多いところが魅力でした。また給食実習室など新しい設備が整っていること、介護のことまで学べるのも選んだ理由のひとつです。

分野選びの視点・アドバイス

名古屋学芸大学は管理栄養士国家試験「全員受験、全員合格」に向けて、カリキュラムはもちろん、先生が全力でバックアップしてくれます。また海外研修もあり、最新の栄養学について学ぶことができるのも魅力です。

1週間のタイムスケジュール

 
1限目 薬理学 食と環境 公衆栄養学実習
2限目 栄養ケア・マネジメント演習 管理栄養士演習入門 公衆栄養学実習
3限目 分子栄養学 臨床栄養学実習II 総合演習II 公衆栄養学実習
4限目 臨床栄養学実習II 食品機能論
5限目 健康食品とサプリメント
6限目

前期にあった「食品学実験」の授業では、熱を加えると小麦や大豆がどう変化するかなど、パンや豆腐を作りながら特性を知ることができて面白かったです。休日は病院の厨房で、調理補助のアルバイトをしています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

名古屋学芸大学(私立大学/愛知)