• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 岡山
  • 朝日医療大学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 言語聴覚学科

岡山県認可/専修学校/岡山

アサヒイリョウダイガッコウ

言語聴覚学科

定員数:
30人

活躍の場は、医療・介護・福祉・教育業界。「チーム医療」の一員としても大きな役割を担う言語聴覚士を養成します。

学べる学問
  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

目指せる仕事
  • 言語聴覚士

    「話す」「聞く」「食べる」に関するリハビリのスペシャリスト

    言語聴覚士は、1997年に国家資格となった比較的新しいリハビリテーション専門職です。脳卒中や事故の後遺症による障がい、生まれつきの障がいにより、「話す」「聞く(理解する)」「食べる」といった面に不自由さを抱えている人のリハビリテーション(リハビリ)を手助けするのが主な役割。言語聴覚障がいに加え、医学や歯科学、心理学にも精通したリハビリの専門家として、医療施設、高齢者介護・福祉施設、子どもの福祉・療育施設など、さまざまな分野で活躍しています。言語聴覚士として働くためには、まずは国家資格を取得するのが一般的。高校卒業後、大学や専門学校などの言語聴覚士養成施設で3年以上学ぶことで、国家試験の受験資格を得ることができます。合格率は60~70%台で推移しており、作業療法士などほかのリハビリ職種に比べると少し合格率が低くなっています。とはいえ、養成施設の卒業後すぐに受験をする新卒者の合格率は例年80%を超えていることから考えると、養成施設でのカリキュラムをしっかりこなし、卒業年次に受験することが合格への近道と言えるでしょう。

初年度納入金:2020年度納入金 165万円  (入学金30万円、授業料135万円)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

言語・コミュニケーションや摂食嚥下機能に関するエキスパート=言語聴覚士
生まれつきの障害や病気などにより、ことばでお互いの気持ちや考えを伝え合い、経験や知識を共有しての生活が自然にできない人がいます。言語聴覚士=ST(Speech-Language-Hearing Therapist)は、それらの障害がある人に自分らしく生活ができるよう様々な訓練などを通して支援する専門職。年々、活躍の場が広がっています。
臨床経験豊かな講師陣が、現場で即戦力として役立つ豊富な知識と技術を指導
言語聴覚士として現場に立つには、豊富な知識を得るだけでなく、臨床力を鍛えることも重要です。本学科では、より実践的な臨床実習カリキュラムを設け、技術の向上に力を入れています。また、臨床経験豊富な教員や最前線で活躍する非常勤講師といった実践力・人間力のある講師陣が現場で求められる知識と技術を指導します。
国家試験対策に特化した講義とオリジナルのプログラムが国家資格合格を力強くサポート
言語聴覚士の国家資格取得を目指し、合格に導くカリキュラムを用意しています。1年次から国試対策に特化した講義を設けて試験対策を行い、通学途中や少しの空き時間を利用して国試問題に慣れるためのオンライン演習を導入。さらに、第一線で活躍する専門家を講師とし、オリジナルのプログラムで国家試験をサポートします。

先生

言語聴覚士として活躍できるようバックアップします~言語聴覚学科学科長/言語聴覚士 武村紀裕
本学科では、多様化している言語聴覚士の職域をふまえ、コミュニケーション能力のみならず、摂食嚥下機能、認知機能、身体機能など多角的な知識や観点を身につけ、「より実践的な臨床力を鍛える」ことを重要視しています。言語聴覚士として活躍できるよう、私たちが全力でバックアップします。

実習

即戦力になるための教育として、プロの臨床現場での実習が豊富
臨床力を重視したカリキュラムで、1年次から演習や見学実習を実施。生きた臨床技術を学びます。例えば、様々な医療福祉機関と連携して実施する事前実習。自身の弱点の把握・技術上達はもちろん、チーム医療にも着目し、専門技術だけではなく、協調性やコミュニケーション能力の育成にも重点を置き指導を行います。

卒業後

独自の専門性を発揮するとともに「チーム医療」の一員としても広がる活躍フィールド
医療・介護・福祉・教育などの立場からその人に最適なリハビリテーションを提供する言語聴覚士。その専門性を活かすとともに、医師や看護師・理学療法士・作業療法士・管理栄養士などの医療スタッフ、ケースワーカー・介護福祉士などの保健・福祉専門職、教育・心理専門職などとの「チーム医療」の一員として活躍できます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 言語聴覚士<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    岡山済生会総合病院 、 玉野市民病院 、 中国四国国立病院機構鳥取医療センター 、 日本赤十字社神戸赤十字病院 ほか

※ 2018年3月卒業生実績

医療スタッフ、福祉専門職、教育・心理専門職と共に対処する「チーム医療」での活躍が求められています

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒700-0026 岡山市北区奉還町2-7-1
TEL 0120-700-350

所在地 アクセス 地図・路線案内
岡山県岡山市北区奉還町2-7-1 「岡山」駅西口から徒歩 5分

地図

 

路線案内