• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 神奈川
  • 田園調布学園大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 村山 知美さん(人間福祉学部 心理福祉学科/特別支援学校教諭)

生徒と毎日様々な関わりをするなかで新しい発見があり、成長を感じることができます

先輩の仕事紹介

生徒に指導したり、授業をして生徒が実践してくれた際にやりがいを感じます

特別支援学校教諭
人間福祉学部 心理福祉学科卒/2019年卒
村山 知美さん

この仕事の魅力・やりがい

養護学校の高等部1年の教員としてクラス経営や生徒への支援や指導、授業を行うほか、事務作業にも日々携わっています。指導したことや授業の内容を生徒が実践してくれたときはやりがいを感じますし、生徒が自分の嬉しかった出来事や褒められたことを嬉しそうに報告してくれるときは、大変な思いも忘れてしまうほど私も嬉しくなります。いつも大切にしているのは「コミュニケーション」。同僚や関係者間との情報共有が大事なので、小さなことでも共有するように意識をしています。また、生徒に相談された際には、意見を否定せずにまず受容することを心がけています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

障がいのあるいとこがいるため、幼少期から障がい分野に関心をもっていたのですが、中学生のころから、この仕事を意識するようになりました。いとこが通っている学校にボランティアに行った際に様々な児童・生徒と関わり楽しいという感情を持ち、毎日関われる仕事に就きたいという思いが強くなったのがきっかけです。養護学校の先生なら、児童や生徒と毎日関りを持つことができるという点に1番魅力を感じ、目指しました。

学校で学んだこと・学生時代

在学中は、教育実習前の事前学習に力を入れていました。知識や経験が少ない分、先生や先輩に話を聞いたり、わかりやすく解説をしてくれるような本などを活用しながら準備を進めました。学びの環境としては、人数が少なかったこともあり、とても仲が良かったのでお互いに情報を共有したり、励まし合いながら雰囲気が良いなか、学ぶことができました。職場で求められる協調性も、学生時代に養えたので良かったと実感しています。また、オープンキャンパススタッフやイベントスタッフを経験し、人前で堂々と話すことができるようになり、良い学生生活を送れたと思います。

村山 知美さん

神奈川県立伊勢原養護学校勤務/人間福祉学部 心理福祉学科卒/2019年卒/DCUへの入学の決め手はオープンキャンパスに参加した際、個別相談をしてくれた先生の話を聞き、この大学で学びたいと思ったことだったという村山さん。先生や在学生と接したことで、学校の雰囲気がつかめた自身の体験から、「学ぶうえで、学校の雰囲気はとても大切ですので、学校選びの際にはオープンキャンパスなどに参加して、実際に先生や先輩と話をしたりして、学校の雰囲気をつかんでおくことをおすすめします」とアドバイス。今後も「コミュニケーション」を大切にしながら様々なことに挑戦し、信頼され、仕事を任せてもらえるような教員になりたいと話してくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

田園調布学園大学(私立大学/神奈川)