• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 新潟
  • 国際メディカル専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 医療秘書・医薬品アドバイザー学科
  • 医療秘書・医療事務コース

国際メディカル専門学校 医療秘書・医薬品アドバイザー学科 医療秘書・医療事務コース

女性事務職で大人気の医療事務スタッフ。抜群の医療分野就職実績!医学知識を身につけた「医療事務」を育成します

学べる学問
  • 薬学

    薬の作用について研究し、新治療の実現をめざす

    薬学は薬に関するあらゆることを学び、研究する学問です。基礎薬学と医療薬学・臨床薬学という2つの分野に大別されます。基礎薬学では、化学物質の分析と新薬の開発を目指し、医療薬学・臨床薬学では、薬の作用、副作用についてと、薬を正しく、安全に使う方法を学びます。

目指せる仕事
  • 介護事務

    介護保険制度に基づいて介護報酬の計算やレセプトの作成などを行う

    要介護・要支援認定を受けた高齢者が介護サービスを利用する際には、介護保険が適用される。老人福祉施設や介護サービス会社などで、この介護保険制度に基づいて、国・自治体、利用者それぞれへの請求額を計算したり、レセプト(明細書)や請求書を作成したりするのが介護事務の仕事。介護報酬の金額は地域によって違いがあり、介護サービスの種類や利用回数によっても異なってくるため、介護事務の担当者は制度について熟知していることが必須。介護保険事務管理士などの資格を生かして活躍している人が多い。

  • 医療事務・秘書

    医学・医療知識を備えた秘書

    医療秘書は医師のスケジュール管理、ファイリング、資料作成など医師のアシスタント的な役割をする。医療事務は医療雑務の処理をはじめ、患者さんと医師、看護師と臨床検査技師など医療関連職種の人たちとの橋渡しをする。具体的にはカルテの管理や患者さんの応対、会議の準備や窓口受付業務、レセプト作成、会計事務など、仕事の幅は広い。

  • 病棟クラーク

    医師・看護師をサポートする事務部門の専門スタッフ

    入院施設がある病院の病棟(ナースステーション)に勤務し、医師・看護師の仕事を事務面からサポートする仕事。病棟クラークのおかげで、医師は診察、看護師は看護に時間を充てることができることから、医療サービスの質の向上を目指して導入されるようになった比較的新しい職種です。病棟クラークは、医師・看護師の補佐役に加え、ほかの病院や患者さんの窓口にもなるため、医療事務の知識・スキル、コミュニケーション力や接遇マナーが問われます。病棟クラークになるために必須の資格や免許、学歴はなく、医療福祉系の大学や専門学校で基礎的な知識・スキルを学び、医療事務系の民間資格を取得して就職に臨む場合が多いようです。似た職種である医療事務と比べるとまだ認知度は低いですが、医師・看護師の業務を幅広くサポートできる人材として、現場からのニーズは年々高まっています。

  • 歯科助手

    歯科医療の仕事を全面サポート

    歯科医院の受付業務をはじめ、カルテなどの書類作成、金銭管理、薬品や器具の準備など、サポート内容は幅広い。また、患者に対して、処置の説明をすることもあり、専門的知識が少なからず必要となる。

初年度納入金:2020年度納入金 96万円  (入学金7万円含む。教科書、教材、研修旅行費が別途必要)
年限:2年制

国際メディカル専門学校 医療秘書・医薬品アドバイザー学科 医療秘書・医療事務コースの学科の特長

医療秘書・医薬品アドバイザー学科 医療秘書・医療事務コースの学ぶ内容

県内専門学校で唯一の「医療専門課程」現場で必要とされる医学に強い医療事務を目指す!
国際メディカル専門学校では、「医科・歯科・調剤・介護」のすべての医療事務を学ぶとともに、医療事務スタッフに必要なPCスキル、レセプト(診療報酬明細書)作成、解剖学や内科学など医学の基礎もしっかり習得。医療事務と医学、両方の知識を身につけることで、「医療がわかる医療事務スタッフ」を育成します。

医療秘書・医薬品アドバイザー学科 医療秘書・医療事務コースの実習

「新潟大学医歯学総合病院」で実習
県内最大級の大学病院で実践力を養います。受付窓口(医務課)や病歴室などでの病院実習は、医療系の専門学校だからこそ実現できること。「電子カルテ実習」「手術部見学」「放射線部見学」など、業務に直結した内容です。

医療秘書・医薬品アドバイザー学科 医療秘書・医療事務コースの卒業後

県内を始め全国の病院・診療所・調剤薬局などで活躍!
本校には、新潟県内はもちろん、全国の病院やクリニックなどの医療機関から、毎年求人が寄せられています。卒業生は全国の病院・診療所・調剤薬局などで活躍しており、そのネットワークを活かして高い就職実績を誇ります。

医療秘書・医薬品アドバイザー学科 医療秘書・医療事務コースの奨学金

各種奨学金に加え、国際メディカル専門学校独自の学費支援制度も充実!
国際メディカル専門学校では、日本学生支援機構奨学金、NSGカレッジリーグ奨学金、地方公共団体奨学金などの各種奨学金や、学資ローン、本校独自の学費支援制度など、専門の学費担当スタッフが最適なプランを提案いたします。ぜひ一度、入学相談室、学費担当スタッフへお電話ください。

国際メディカル専門学校 医療秘書・医薬品アドバイザー学科 医療秘書・医療事務コースの学べる学問

国際メディカル専門学校 医療秘書・医薬品アドバイザー学科 医療秘書・医療事務コースの目指せる仕事

国際メディカル専門学校 医療秘書・医薬品アドバイザー学科 医療秘書・医療事務コースの資格 

医療秘書・医薬品アドバイザー学科 医療秘書・医療事務コースの目標とする資格

    • 診療報酬請求事務能力認定試験 (医科) 、
    • 医療事務管理士 、
    • 医療秘書技能検定試験 、
    • Excel(R)表計算処理技能認定試験 、
    • Word文書処理技能認定試験 、
    • 介護事務管理士

    調剤事務管理士技能認定試験
    医事コンピュータ技能検定試験
    電子カルテ実技検定試験

国際メディカル専門学校 医療秘書・医薬品アドバイザー学科 医療秘書・医療事務コースの就職率・卒業後の進路 

医療秘書・医薬品アドバイザー学科 医療秘書・医療事務コースの就職率/内定率 100 %

( ※医療業界就職率:医療業界就職者148名 )

医療秘書・医薬品アドバイザー学科 医療秘書・医療事務コースの主な就職先/内定先

    コーラル歯科(東京都)、医療法人社団しぶや小児科医院、クスリのアオキ、有限会社エム・ケイ・メディカル(東京都)、医療法人社団耕陽会グリーンアップル歯科医院(東京都)、たきざわクリニック松浜 ほか

※ 2019年3月卒業生実績

国際メディカル専門学校 医療秘書・医薬品アドバイザー学科 医療秘書・医療事務コースの問い合わせ先・所在地・アクセス

〒950-0914 新潟県新潟市中央区紫竹山6-4-12
入学相談室 0120-287-431
icm@nsg.gr.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
新潟県新潟市中央区紫竹山6-4-12 「新潟」駅から南口1番線バス 弁天橋下車  2分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース