• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 東京富士大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 小林 圭佑さん(経営学部 イベントプロデュース学科/イベントプランナー)

私立大学/東京

トウキョウフジダイガク

最高のイベントになるように精一杯サポートします!

先輩の仕事紹介

自分が「音楽フェス」をプロデュースして、大好きなバンドに出演してもらいたい!

イベントプランナー
経営学部 経営学科 イベントプロデュースコース(現・イベントプロデュース学科)/2016年3月卒
小林 圭佑さん

この仕事の魅力・やりがい

現在私は、イベントに欠かせない技術部門(音響・証明)、ライブハウス、スタジオという3つ要素を、大学のサークルや学園祭実行委員さんに提供する仕事をしています。お客様が学生の場合、まだイベント運営に慣れていない方も多いので、「観客の動線(人が通る経路)は確保していますか?」など、プロの立場からイベント全体を見渡したアドバイスをするように心がけています。仕事は毎日楽しいです。その中でも一番嬉しいのは、イベントの片づけが終わった瞬間。半年近くかけて作ったイベントが成功し、最後にお客様から「ありがとうございました。また来年も是非!」と言われると、この仕事に就いて良かったなとつくづく感じます。

学校で学んだこと・学生時代

色んなバンドのコンサートに通っていた高校時代、先生からタイミング良く「東京富士大学に面白そうな学びがあるぞ」と教えてもらい、迷わず進学しました。大学ではイベントの講義はもちろん、年間120時間の「イベント実習」がとにかく勉強になりました。せっかく大学が実習先をたくさん用意してくれたので、これを活用しない手はないと思い、週末ごとに参加したのですが、結局年間400時間以上も現場に通ってしまいました(笑)。チケットスタッフから会場警備、プロデューサーのアシスタントまで。アニメからスポーツ、ファッションショーまで。実に多彩なイベントを経験できたおかげで、現場対応力と、イベント全体を見渡す力が身につきましたね。

「当社のライブハウスを使ってみませんか?」

これからかなえたい夢・目標

入社1年目の今は、お客様からの要望に対してスタジオや機材を用意することが仕事の中心です。でもゆくゆくは、この会社で持っているものをフル活用して、自分で企画したイベントを作りたいですね。つまり、イベントを作る人のサポートではなく、自分がイベントをプロデュースする側にもなりたいです。夢は「まったく新しいタイプの音楽フェス」を立ち上げること。そして、高校時代からずっと大好きなアーティストやバンドに出演してもらい、ステージ脇から満員の会場をチラッと見て、終演後は楽屋で「カンパーイ!」なんて(笑)。その夢が叶う日まで、今の現場でコツコツとイベントプロデュース能力を磨いていきます。

常にタブレット端末を持ち歩きメールチェック

小林 圭佑さん

株式会社ベースオントップ 営業部 勤務/経営学部 経営学科 イベントプロデュースコース(現・イベントプロデュース学科)/2016年3月卒/埼玉県・浦和学院高校出身。高校時代から音楽イベントが大好きで、「好きなことを大学でとことん突き詰めたい」と、東京富士大学に進学。大学が実施するイベント実習に毎週末のように参加し、2年生と3年生の2年間で合計800時間もの現場を経験する。その実習先の一つが現在の就職先。最近はいろんな大学サークルの方と会うようにしているが、初対面の方と打ち解けるコツは「そのサークルのことを事前にネットで予習する」とのこと。休日は日帰りで山に登るアウトドア派の一面も持つ。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東京富士大学(私立大学/東京)