• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 東京富士大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 荒金 勇輝さん(経営学部 イベントプロデュース学科/イベントプランナー、制作スタッフ)

一人前のイベントプランナーを目指し修行しています

先輩の仕事紹介

表舞台を作り上げる裏方の姿に感動し、イベント業界に興味を持ちました

イベントプランナー、制作スタッフ
経営学部イベントプロデュース学科/2020年卒
荒金 勇輝さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

入社1年目の現在は、アシスタントディレクターとしてイベントを開催するために必要な会場や備品の手配、当日の台本の準備も行っています。そしてイベント当日は、スタッフとして現場が滞りなく進むよう働きます。準備に苦労したイベントが無事に終了し、出演者や来場者の方から感謝を頂けた時、とても達成感を感じます。オンラインの利用やテレワークなど、イベント業界も含め、多くの業界が新しい生活様式を模索している状態です。配信形式のイベントも日々進化しているため、弊社でも情報収集や積極的な導入を繰り返しています。最新技術にキャッチアップすることの重要性がますます増しており、やりがいのある仕事です。

学校で学んだこと・学生時代

高校時代に軽音楽部に所属していました。その時に参加したイベントで、テキパキと進行するプロのスタッフの方の姿に感動し、イベントの仕事が学べる東京富士大学に進学しました。学生時代の学びの中で特に印象に残っているのは「イベント現場実習」です。この授業では、実際のイベントスタッフとして働くことで、仕事内容や雰囲気を体験することができます。来場者様の応対の場面では、お問い合わせいただいた内容だけで判断するのではなく、こちらからも来場者様にヒアリングをして本当に求められていることを引き出し、不安をやわらげて適切な回答ができるように心掛けました。現在の仕事にも繋がる経験になりました。

お問い合わせに答えるのも重要な仕事です

分野選びの視点・アドバイス

興味があることや疑問に思ったことには挑戦してみてください。【分析的・客観的】な視点で進めて、今後の改善に繋げるためにちょっとした出来事や心境もメモしていくことで、良い結果になっても悪い結果になっても「経験」は必ずアイデアの種になります。私も、学園祭の実行委員長やゼミ長といった全体を統括する立場に挑戦し、「説明が苦手」という短所を見つけることができました。そしてラジオなどを参考に、限られた時間で伝える方法を学び、「時系列に沿って説明を行う」「専門用語は多用しない」などの自分なりの答えを見つけることができました。

先輩からは適格なアドバイスをもらえています

荒金 勇輝さん

株式会社xpd/経営学部イベントプロデュース学科/2020年卒/株式会社ペッププランニング(現・xpd横浜支社)に2020年入社。アシスタントディレクターとして、イベントのプランニングや会場・備品の手配といった制作業務を担当。またイベント当日は現場スタッフとしても、イベントの進行に携わっている。「新たな技術を積極的に導入した次世代のイベントを、自分が主導となって創り上げたいです。そのためにも常日頃から、先輩方の動きや新しい情報を吸収していきます」と将来の目標を語る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東京富士大学(私立大学/東京)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路

RECRUIT