• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 福岡
  • 福岡市医師会看護専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 大神 由佳さん(第1看護学科/看護師)

自分がどうなりたいのかを明確にすることで、進むべき道が見えてくると思います

先輩の仕事紹介

「人の役に立つ、人を笑顔にさせる看護師になりたい」そう思い、看護師の道を選びました

看護師
第1看護学科/2022年卒
大神 由佳さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

私は、入退院が多い急性期病院の混合病棟で看護師として働いています。主な業務は、療養中の患者さんが日常生活を送る上で必要とする看護ケア。援助に際しては、患者さんそれぞれの立場になって一人ひとりに合った看護ができるように心がけています。やりがいを感じるのは、病状がよくなり退院される患者さんの笑顔が見られたときや、少しずつ回復に向かうにつれて患者さんにできることが増えていく姿をみたとき、日々の業務にて感謝の言葉を頂くときです。患者さんやスタッフから信頼される看護師を目指して、これからも日々技術の向上など自己研鑽に努め、患者さんの想いに寄り添う看護を行っていきたいです。

学校で学んだこと・学生時代

本校を選んだ理由は、国家試験合格率と就職率が共に高く、学習支援体制が整っていると感じたためです。コロナ禍だったため実習は学内が多く、患者さんと関わる機会も少なかったのですが、先生方が患者役をしてくださるなど色々な工夫をして教えてくださり、とても充実した学びになりました。メンバーとお互いに患者役・看護師役を行うことでそれぞれの視点から学びを得ることができたのも貴重な経験になったと思います。また、国家試験対策では、様々な先生が苦手な部分や分からない所を重点的に講義をしてくださったことが印象に残っています。このように先生と生徒が一体となって国家試験に臨めたことも高い合格率に繋がっていると思います。

急性期病院は忙しいけれど、やりがいがとてもあります!

分野選びの視点・アドバイス

看護師は、多くの人とその命に関わる職業です。そのため自分の仕事に責任感を持ち、患者さん一人ひとりに寄り添うことが大事だと思います。学校で学んだことはどの授業も働く上で役に立っていますが、中でも実習で患者さんそれぞれに個性があり、それを踏まえた上で関わることの大切さを知ることができたのは大きな学びです。将来自分がどんな看護師になりたいのか、どのような看護を行いたいのかを具体的に考えることで進む方向やこれからするべきことが明確になると思うので、じっくり自分に向き合ってみてください。

学校の授業は技術演習の時間が多いため、技術の練習も沢山できました

大神 由佳さん

公立学校共済組合 九州中央病院/第1看護学科/2022年卒/看護師を目指したきっかけは、幼い頃に出会った看護師さんという大神さん。側にいて安心させてくれた看護師さんのように、人を笑顔にする仕事がしたいとこの道を決意したという。学校選びの決め手は、100年以上の歴史を持つ学校であり、国家試験合格率や就職率が高く安心感があったから。福岡市医師会が母体であり、福岡市内の様々な医療機関で臨地実習ができることも理由の一つだそう。卒業した現在は、急性期病院の混合病棟にて活躍。忙しい業務の中でも患者さんとのコミュニケーションや笑顔で接することを大切にし、一人ひとりに寄り添いながら日々業務に真摯に向き合っている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

福岡市医師会看護専門学校(専修学校/福岡)
RECRUIT