• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 岡山
  • 岡山学院大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 木佐貫 茜さん(人間生活学部 食物栄養学科/管理栄養士)

私立大学/岡山

オカヤマガクインダイガク

先輩の仕事紹介

「健康を支える食事」を作る現場で、健康と栄養のつながりに対する理解を深めています

管理栄養士
人間生活学部 食物栄養学科 卒/2018年卒
木佐貫 茜さん

この仕事の魅力・やりがい

老人福祉施設の給食サービスに携わっています。担当業務は料理の盛り付けと配膳、調理場の清掃などの衛生管理。長年、現場に勤めている先輩方や調理師の方に、料理ごとに適した盛り付けや調理方法などを教えていただきながら業務に取り組むことで、自分の成長を感じられることがこの仕事の魅力です。美しく盛り付けられた料理は目にも美味しく、食欲を促すもの。和食と洋食とで、盛り付けやメインとなる食材の位置が変わることなども教えていただけるので、新しいことを知るたび驚きと楽しさを感じています。入職したばかりの頃は一つひとつの業務をこなすので精一杯でしたが、最近は仕事の流れを理解し、先を読んで行動できるようになりました。

この分野・仕事を選んだきっかけ

「健康を支える食事」に興味があり、栄養に関する知識を身につけたいと考えたことが管理栄養士をめざしたきっかけ。国家資格を取得し、手に職をつけたいという思いもありました。在学中は、特に生物系の授業が面白くて、人体の仕組みや、臓器が互いに及ぼす影響などについて学びを深めました。おかがくは学生のやる気に応えてくださる親身な先生が多く、わからないところがあっても一人ひとりに向き合って教えてくださる環境。気軽に研究室を訪ねることができる雰囲気も魅力でした。実は、現在勤める給食サービス会社を志望した理由は、在学中にお世話になった先生が活躍された会社だったから。憧れの場所で「現場」を知りたいと考えたのです。

給食調理は分業制。担当は仕上げとなる盛り付けです

これからかなえたい夢・目標

「健康を支える食事」の調理に携わり、「その食事を食べる人」とのつながりに対する理解を深めるために、現在の仕事を志望しました。もっと現場での経験を積んで、いずれは栄養指導などで「対象となる人」と関わる仕事や、作業療法士や介護福祉士といった、他の医療・福祉職と連携してチームで健康管理などに取り組む仕事をしてみたいと考えています。そのために、日々の業務とともに大学で学んだ管理栄養の知識をしっかりと復習して、同時に栄養基準の改定など常に新しい知識を取り入れるようにしていきたいですね。

食品や調理場の衛生管理に大学での学びが活きています

木佐貫 茜さん

日清医療食品株式会社勤務/人間生活学部 食物栄養学科 卒/2018年卒/「在学中は人前で話すことや、地域の方とふれあう機会が多くありました」と木佐貫さん。その経験から、人前でもあまり緊張せず話すことができるようになったといいます。管理栄養士は対象となる人の状態や心にも配慮した、高いコミュニケーション能力が求められる仕事。おかがくでは地域の老人クラブ連合会と連携し、高齢者への栄養指導や食事提供を行う「栄養長寿教室」をはじめ食育イベントへの出展を通して、学生のコミュニケーション能力を育む機会を多く設けています。こうした一つひとつの学びが「管理栄養士の仕事への理解と意欲につながっている」と教えてくれました。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

岡山学院大学(私立大学/岡山)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路