• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 岡山
  • 岡山学院大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 佐藤 慎也さん(人間生活学部 食物栄養学科/管理栄養士)

先輩の仕事紹介

地域に保健室があれば、健康に関する不安を気軽に相談できると思ったことが原点です

管理栄養士
人間生活学部 食物栄養学科 卒/2017年卒
佐藤 慎也さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

ドラッグストアに勤め、店長として地域の方の笑顔と健康維持のお手伝いをさせていただいています。主な業務は、店頭での接客をはじめ売場管理、在庫のコントロールなど。“小商圏型メガドラッグストア”として、その地域にお住まいの方にとって最も便利な店舗をつくることを基本コンセプトとしています。お客様と直に関わることのできるこの仕事の魅力は、何といってもお客様からいただく「ありがとう」「先日購入した薬、よく効いたよ」といった言葉。その一言をいただくだけで、何物にも代えがたい、唯一無二の達成感を覚えます。心のこもった「ありがとう」をいただけるこの仕事は、働きながら心が潤う、やりがいしかない仕事です。

この分野・仕事を選んだきっかけ

医薬品やサプリメント、健康食品などを取り揃え、地域に根差した「ドラッグストア」なら、身体のことや健康維持について、困った時に気軽に相談できるのではないかと感じたことからこの仕事に関心をもちました。また、病院に行くほどではないけど少し気になることを「相談しても大丈夫」という、安心できる場所が身近にあれば、地域に暮らす人の役に立てるのでは?と考えたことも理由の一つです。現在の会社を志望した理由は、従業員が明るく元気に、のびのびと働いている姿を見て好感をもったことから。働くなら、やっぱり楽しく働きたいと思ったからです。大学で学んだ栄養や健康に関する知識が活きる場面も多く、やりがいを感じています。

「ありがとう」のために、凡事徹底を心掛けています

学校で学んだこと・学生時代

在学中、特に印象的だった経験は、コミュニケーション力向上のため小学校での教育実習に参加したことです。いつも話している同年代や目上の方とは異なり、年の離れた子どもが相手のため、どうしたら興味をもってくれるのか?どう話したら伝わるのかを考え、試行錯誤しながら授業を構築したことはとても勉強になりました。おかがくは、山形県出身の私には耳慣れない面白い方言が飛び交う「ぼっけえ(とても、という意味の岡山弁)」刺激的な環境でした。非常にアットホームで人同士の距離が近く、クラスメイトや先生方に、挑戦と経験を後押ししてもらえる大学で学んだことで、自分が本当にやりたいことを見つけることができたと感じています。

楽しいお店、入りやすい「町の保健室」です

佐藤 慎也さん

株式会社コスモス薬品勤務/人間生活学部 食物栄養学科 卒/2017年卒/佐藤さんが心がけているのは「常に分析的・客観的な視点」で物事を捉えること。店長という役職は、お店の不具合や、お困りのお客様がいらっしゃらないかといったことを、いち早く察知するための洞察力が求められます。こうした観察力を養い、現在店長として活躍できているのは、幅広い年代の人と関わり多くの実践を経験した大学生活があったから。「小売業は些細な気付きが重要視されます。客観的視点とコミュニケーション力の両方を備えることが大切です」と佐藤さん。目に見えない所にまで気を配り、最高の状態でお客様をお迎えすることが真心につながると教えてくれました。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

岡山学院大学(私立大学/岡山)
RECRUIT