• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 岡山
  • 岡山学院大学
  • 先生・教授一覧
  • 平野 聡助教(臨床栄養学)

こんな先生・教授から学べます

健康管理を定義づけ、管理栄養士の働き方改革に挑む先生

臨床栄養学
人間生活学部 食物栄養学科
平野 聡助教
先生の取組み内容

「人生100年時代」といわれる現代。幸福の基盤を支えるものは「健康」であると私は考えています。健康寿命を延伸し、“幸福な生活”への支援につなげるため、地域在宅高齢者の栄養状態とフレイル(身体的機能や認知機能の低下が見られる状態)の予防を目的とした研究に取り組んでいます。特に「老年臨床栄養学」や「介護予防」に関心を寄せています。私は管理栄養士として、過去に一般企業を2社、医療法人を1法人経験した後、岡山学院大学に着任しました。それぞれの現場で経験した事例を、研究や教育に反映し、さらに現場へと還元ができるよう努めています。これらの研究から健康管理の定義を明確にし、診療報酬や介護報酬などの面で管理栄養士の業務として確立することで『管理栄養士の新しい仕事や働き方の創造』へとつなげたいと考えています。

介護予防に関する講演を実施。健康を維持し幸福に生きることはもちろん、医療費の削減も研究目的の一つです

授業・ゼミの雰囲気

学生の視点に立ち、意見を受け止め、ともに考える。質問の時間を設け、疑問を残さない授業が特徴です

臨床栄養学を専門とする平野先生の授業は、自身の慢性期病院での臨床経験を活かした指導が特徴です。たとえば胃の腫瘍等で手術により胃を切除した場合、栄養素の吸収はどう変わるか、どのような栄養補給を行えばよいかなど、その手法や配慮すべきことを具体的に指導。特に、専門用語の伝え方には気を配るといいます。「解らない状態で授業を聞くことは、一番のストレスになります。まず学生の視点に立ってみることが大切です」と平野先生。学生の意見を決して否定せず、ともに考える姿勢をもって指導に取り組んでいます。

「解答」には正しい答えがありますが、「意見」に正解はありません。「なぜそう考えたのか」が大切です

キミへのメッセージ

「食べることが好き」という気持ちを大切に、一緒に学びましょう

美味しいものを食べる、大切な人と食事をする、料理を作る。「好き」という気持ちは大きな原動力です。「好き」に対して向き合い、一歩を踏み出してみてください。私はその一歩を全力で支援します。

大学院でさらに学びを深めているという平野先生。新しく得た知識を授業に取り入れる視点も身についたそう

平野 聡助教

専門分野/臨床栄養学
略歴/岡山学院大学人間生活学部食物栄養学科を卒業後、管理栄養士としてドラッグストアに勤務。その後、慢性期病院で約7年間臨床に携わり、地域医療における介護と栄養のかかわりに対する理解を深めた。2017年より現職。自治体主導による「地域ケア会議」アドバイザーを務め、管理栄養士の視点から地域医療と在宅介護に対するアプローチに取り組んでいる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

岡山学院大学(私立大学/岡山)
RECRUIT