• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大原医療秘書福祉保育専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 松村 和紀さん(保育士コース/保育士)

東京都認可/専修学校/東京

オオハライリョウヒショフクシホイクセンモンガッコウ

保育士&学童指導員としてこどもたちと接しています

先輩の仕事紹介

保育と学童を通して、幅広い年齢のこどもの成長が感じられます。

保育士
2年制保育士(実践)コース/2015年3月卒
松村 和紀さん

この仕事の魅力・やりがい

午前は保育園内で、様々なクラスのこどもたちと総合的に関わりながら、午後は施設内の「学童保育・たけのこくらぶ」で、学童指導員として小学生のお預かりをしています。0歳~小学校3年生までと実に幅広い年齢層のこどもたちと触れ合う中で、楽しく遊びながら多くの学びを得てほしいと感じています。指導案なども担当しており、大原で学んだ保育の5領域「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」は、意識して取り入れています。特に学童では、山登りなど普段はできない自然体験を通し、五感を刺激するような行事も計画していきたいと考えています。こどもたちの成長を感じるとともに、自分も少しずつ成長させてもらっていると感じます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

小中学校時代に児童館に行くことが多かった私。違う学校の子や年下の子との関われる空間が楽しかったことに加え、児童館の指導員の方が工作やスポーツなどなんでもできて「すごいなあ」と憧れを持ったことが、この仕事に興味を持ったきっかけです。その後もこどもと関わりたいという思いは変わらず、高校時代の先生のすすめで大原の無料講習会に参加。保育コースの先生との面談を通し、多くの資格に挑戦する中で幅広く学ぶことができるという点に魅力を感じて大原への入学を決意しました。

遊びを通して習慣や運動能力を身につけてあげたい

学校で学んだこと・学生時代

保育は、一人でできることには限界もあり、人と協力し、団結するからこそ上手くいくことも多いと感じます。大原ではグループワークを多用することで課題を乗り越えるためのアイデアが色々と出たり、他の人の発表が参考になることも多く、複数の案を取り入れて一つのものを作り上げるという成功体験をたくさん実感することができました。また、スポーツフェスティバルやオペレッタ、研修など行事がたくさんあり、そのたびにみんなと協力して取り組みました。特にオペレッタではリーダーを任され、台本などゼロから決めるといったことを通し、役割分担や効率よく動くことを学べました。学生時代の経験は、仕事で大いに活かせています。

絵本の読み聞かせには感情を込めるのが基本

松村 和紀さん

貫井保育園勤務/2年制保育士(実践)コース/2015年3月卒/小中学校時代に児童館の指導員に憧れを持ち、こどもと関わる仕事をしたいと考えるように。「大原では手遊びやピアノといった実践的な遊びに加え、その遊びにどんな目的があるかという学問的な部分もしっかり身につけることができた」と振り返る。保育士の国家資格に加えレクリエーション・インストラクター、おもちゃインストラクター、漢字能力検定試験2級、電卓技能検定試験3級など豊富な資格を取得。現在は保育園で保育士&学童指導員として指導案や企画なども担当し、活躍の幅を広げている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大原医療秘書福祉保育専門学校(専修学校/東京)