• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 大原医療秘書福祉保育専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 安間 悠さん(医療事務コース(1年制)/医療事務・秘書)

がん研有明病院が私の職場です

先輩の仕事紹介

「応対」「事務」「医療」のスキル&知識を活かし、より多くの人の役に立ちたい!

医療事務・秘書
医療事務コース/2016年3月卒
安間 悠さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

電話応対や窓口からの問い合わせ、レセプト業務、病名入力、紹介元への返書作成等、医療事務の仕事は多岐にわたります。頼まれた事だけをやるのではなく、それにプラスどうしたら相手が喜ぶかも考えながら業務にあたっています。例えば、検査や手術等のレセプトに関して看護師さんから質問をされることも多く、医事課の担当でも医療についてもっと把握することでスムーズに対応できると思うからです。仕事の一つひとつが患者様や病院スタッフの役に立ち、人のために働いているということが実感できます。患者様に「親切にしてくれてありがとう」の言葉を頂いたことは、今でも忘れられないほど嬉しかったエピソードです。

学校で学んだこと・学生時代

勉強の印象が強いものの、イベントが多いのも大原の魅力です。違うコースの学生や先生と交流ができ、多くの人と関わる中で「自分から行動すること」や「臨機応変に対応すること」の大切さを実感することができました。実は、これまでの学校生活ではあまり先生に心を開いたことがなかったのですが、大原では先生が私を最大のイベントであるスポーツフェスティバルのトップリーダーに推薦してくださったり、クラスではリーダーとして私を頼っていただいたりと、先生と強い信頼関係を築くことができました。普段の生活、イベント、そして就職のことまで何でも相談に乗っていただいた先生は、まさに私の生涯の恩師です。

レセプト業務では、医療の知識も必要です

この分野・仕事を選んだきっかけ

人と関わる仕事がしたいと考え、最初は漠然と医療事務を目指していました。しかし、「この仕事をしたい!」と強く感じたのは、大原で病院実習を経験したおかげです。実際の現場で入院、外来それぞれの受付業務を経験し、保険証の確認から問診票の確認、登録、計算といった仕事をする中で多くの患者様と関わることができました。そして、応対を通して心のケアのお手伝いもできることに強いやりがいを感じました。また、学生時代に電卓検定に力を入れたおかげでスムーズに業務を進めることができていますし、「数字を打つのが早いね」と上司に褒めていただくことができました。

安間 悠さん

がん研有明病院勤務/医療事務コース/2016年3月卒/「人と関わる仕事がしたい」と医療事務を志望。在学中は医療秘書検定1級、医療請求事務1級、漢字能力検定2級、電卓検定4段、MOSなど数々の資格を取得。「将来の仕事に関わる勉強はもちろんのこと、学校のイベントでリーダーを務めるなど、最後の学生生活を思う存分満喫できた」と振り返る。卒業後は日本トップクラスのがん専門病院であるがん研有明病院に就職し、医事部医事課(外来医事課)にて、日々多くの患者様と接している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
大原医療秘書福祉保育専門学校(専修学校/東京)