• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪医療福祉専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 高橋 友海さん(診療情報管理士学科 診療情報管理士コース/診療情報管理士)

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣指定校/大阪

オオサカイリョウフクシセンモンガッコウ

患者様の不安をなくすため、いつも笑顔で対応

先輩の仕事紹介

IT化が進む病院で、診療情報管理士の資格を活かして活躍

診療情報管理士
診療情報管理士学科/2016年卒
高橋 友海さん

この仕事の魅力・やりがい

私が今病院内で担当しているのは、外来患者様の受付や会計、診療報酬の計算、請求業務など様々あります。規模の大きい病院のため業務の幅も広く、学生時代に学んだICDの疾病コーディングや診療録監査といった知識と視点が今の仕事でも存分に活かせていますね。私が仕事でやりがいを感じるのは、患者様から、心からの温かいお言葉をいただいた時。患者様が来院されて、最初に接するのが私たちスタッフなので、患者様への丁寧かつ親切な説明・案内・対応を心がけることで、本心から「ありがとう」と言っていただけるのはうれしいですね。

業界ココだけ話!

私の職場ではほぼ毎年新入職員を採用しており、1年ごとに先輩がいて、新人指導も徹底しています。特に年齢や勤続年数の近い先輩は、考え方も近く、より親身になって指導してくれ、悩み事がある時は相談にも乗ってくれます。そんな先輩たちから信頼されて業務を任され、達成できた時も大きなやりがいを実感できますし、やり遂げたあとは自信もつきます。診療報酬請求業務では、年間100億円以上の規模の医業収入に、少しでも私たちが関わっていることを実感。身が引き締まる思いをしつつも、自分達の仕事の重大さを理解させてくれますね。ですから、1円たりとも間違えられないという気持ちを持って点検技術を磨いていこうと常に考えています。

丁寧な対応と説明を心がけてスムースに院内をご案内

学校で学んだこと・学生時代

学生時代で思い出すのは、先生方のサポートがあって、無事に診療情報管理士に合格できたこと。大阪医療福祉専門学校では、診療情報管理士の試験勉強において複数回の模試が行われ、その中で自分の苦手な科目を明確にして克服することができました。また先生が授業内で試験対策をしてくれるなど、学生ひとり一人に寄り添ってくれました。就職時も自分が行きたいと思った今の職場に卒業生がいるからと実習を受け入れてもらえたんです。実習で「ここで働きたい!」と伝えた時は、先生のサポートでスムースに就職試験を受けられ、就職できました。思い返せば、大阪医療福祉専門学校だったから、私は今この仕事に就いているんだと実感できています。

学生時代に学んだ診療報酬計算の知識を活かして活躍

高橋 友海さん

医療法人徳州会 宇治徳州会病院勤務/診療情報管理士学科/2016年卒/祖母の入院をきっかけに行った病院で医療事務スタッフの対応のすばらしさに魅力を感じ、目指すように。大阪医療福祉専門学校へ入学後は、診療情報管理士資格の取得を目指して、勉強に取り組んだ。現在は、宇治徳州会病院で日々来院される患者様の対応や院内での診療報酬計算など、学校で学んだ知識を活かして活躍している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
大阪医療福祉専門学校(専修学校/大阪)