• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 大阪医療福祉専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 岸上 幸代先生(視能訓練士)

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣指定校/大阪

オオサカイリョウフクシセンモンガッコウ

こんな先生・教授から学べます

色んな体験を通して視能訓練士になる力を与えてくれる先生

視能訓練士
視能訓練士学科 3年制 
岸上 幸代先生
先生の取組み内容

高齢化社会が進む現在、眼の病気は増えており、視能訓練士がこれまで以上に業界では求められています。皆さんもご存知のように、視能訓練士は、メガネ合わせや病院での視覚検査など、私たちの生活と非常に身近な存在です。仕事の魅力としては、メガネ合わせをした時や検査の後に手術をされて眼が見えるようになった時など、患者様が喜ばれる姿を間近で見ることができ、やりがいをダイレクトに感じられます。
大阪医療福祉専門学校の視能訓練士学科では、そんなやりがいを実感できる視能訓練士を育成するために、保護者への検査実習参観や幼稚園・保育園実習、視覚障がい者マラソンのガイドや大会ボランティアなど、学内・学外を含めた体験型の学びを用意しています。学生の皆さんには、ぜひ多くの体験を通して、学びを深めてほしいですね。

学生自らが体験し、そこから学ぶことを大切にした先生の授業

授業・ゼミの雰囲気

さまざまな眼の検査の仕方を実際の検査機器を使って実践学習

先生が教える「生理光学」の授業では、眼圧検査や視力検査(屈折検査)など、視能訓練士が実際に行う検査の実習を行います。「私が授業で大切にしているのは、“学生に任せる”ということです。学生の皆さんを信じて、大まかな指示を出した後、細かい部分は自分達で考え、行動してもらうようにしているんです」と先生。この指導方法により、学生は周囲に気を遣うことを覚え、主体性を持って動く姿勢や、考える力が自然と養われるのだとか。先生の授業では視能訓練士に必要な検査技術はもちろん、医療人としての考え方も身につきます。

学生自身が考え、行動することを大切にした授業で自主性を育む

キミへのメッセージ

国家資格取得、専門スキル、人間力・・・すべてしっかり育てます!

ひとり一人の患者様に合わせた検査やケアができる視能訓練士を目指して、一緒にがんばってみませんか? 資格取得はもちろんですが、人としても成長できるよう、私たち教員が全力でバックアップします!

視能訓練士としての豊富な経験を元に、学生達をプロに育てる先生

岸上 幸代先生

医療業界で、視能訓練士としての経験を経て大阪医療福祉専門学校へ。学校では、人の眼についてさまざまな角度から学ぶ、生理光学の授業を担当。視能訓練士としての経験を活かしたアドバイスや実際の現場で使える技術なども丁寧に指導し、眼のスペシャリスト育成に関わる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

大阪医療福祉専門学校(専修学校/大阪)