• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 福岡
  • 大原スポーツ公務員専門学校福岡校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 井浦 響子さん(公務員分野/地方公務員)

相談者の意思を尊重しながら、自立支援の助言を行う

先輩の仕事紹介

それぞれの暮らしにあった生活支援で、ひとりでも多くの方が笑顔で暮らせるように!

地方公務員
公務員総合コース/2020年卒
井浦 響子さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

ケースワーカーとして、生活困窮者の自立に向けて指導を行っています。「一刻も早く今の状況を何とかしてほしい」と切羽詰まっている方が多いため、「計画を立て、効率的に仕事を進める」ことが大切です。相談の内容は、その方の人生に関わる重要なこと。定期的な面接で今後の生活について聞き取り、自立に向けての本人の意思を踏まえた計画を立てるように心がけています。それぞれの暮らしにあったベストな自立方針で、生活保護に頼らなくても安心して暮らせる指導ができるように、さらなる知識をつけていきたいです。私の立てた方針が自立につながり喜んでいただけたとき、この仕事に就いて本当によかったと実感します。

分野選びの視点・アドバイス

私が携わっている生活保護業務は、生活に困窮した方々の自立に向けての指導を行うもので、どれだけ相手の状況を理解して、気持ちに寄り添えるかが重要になってきます。現場で求められるのは『相手の気持ちを考えられる人』。地方公務員の仕事は現場に出るまで配属先が分からないので、社会人になったときに自分の武器となる強みを、学生時代から身につけておくことが大事です。私は気を利かせることが苦手だったため、1度言われたことを、2度言われないように心がけていました。こうした努力の結果、言われたことを1度でできるようになり、次のステップを任されることも。さまざまな経験を積んだことが、自分の成長につながったと思います。

相談のとりまとめやデータ入力も、大事な業務のひとつ

学校で学んだこと・学生時代

勉強面も、生活面も相談にのってくれる、親身な先生方が大原の魅力です。特に就職活動の面接練習は、きめ細かにサポートしていただきました。担任の先生には何度も面接練習に付き合っていただき、ほかの先生方にも作文の添削をしてもらうなど、手厚いサポートで試験まで応援してくれたことは、今でも印象に残っています。最初は緊張してなかなか上手く話せなかったのですが、何度も面接練習を繰り返したおかげで、スムーズに受け答えができるようになりました。また、在学中は日常的に社会人としてのマナーや心構えを教えていただいていたので、現場でも当たり前に実践できて、職場の先輩から褒められることがありました。

先輩のアドバイスを受けながら、さらなる成長を目指す

井浦 響子さん

福岡県庁/福岡県宗像・遠賀保健福祉環境事務所/公務員総合コース/2020年卒/地域の生活困窮者が相談に来所する保健福祉環境事務所で、自立支援への指導を行うケースワーカーとして勤務。「来所者のなかには窓口で泣き出す方もいるほど深刻な相談が多い仕事です。その方の人生に関わる重要な事案に携わっているので、その重みを受け止め、適切な指導を効率的に行えるよう日々心掛けています」と井浦さん。面接当初は暗い表情をしていた相談者が、将来を見据えた支援の指導で徐々に明るくなっていき、笑顔で「ありがとう」と感謝の言葉をかけてもらえるときは、自分のことのように嬉しくなるといいます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大原スポーツ公務員専門学校福岡校(専修学校/福岡)
RECRUIT