• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大原簿記公務員専門学校小倉校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 前田 祥吾さん(公務員分野/消防士)

福岡県認可/専修学校/福岡

オオハラボキコウムインセンモンガッコウコクラコウ

正義感と使命感を持って、日々訓練に励む前田さん

先輩の仕事紹介

1分1秒を争う現場。尊い命を救うため、緊急時に備えた日頃の訓練が大切です

消防士
警察官・消防官コース/2016年卒
前田 祥吾さん

この仕事の魅力・やりがい

地元の消防署で救急隊、消防隊を兼務しています。救急隊として出動するときに大切なのは、スピードと的確な処置。患者によって症状や病態が異なるので、状態に応じた俊敏な対応が求められます。搬送している最中も体調の変化に気を配り、常に患者から目が離せません。尊い命を救えたとき、患者やそのご家族からいただく「ありがとう」の一言はとても嬉しく、やりがいを感じますが、ときには救えなかった命もあります。この仕事は人の命に関わるもの。それは決して生易しいものではなく、喜びも悲しみも多い仕事ですが、「1分1秒を争う現場でも、命の重さは誰もが同じ」ということを肝に銘じ、日々訓練に励んでいます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

幼い頃、耳に磁石を入れてしまい、救急車で搬送された経験があります。その時に出会った救急隊員がやさしく、そして機敏に動く姿がカッコよくて、憧れるようになりました。高校3年生からはボクシングを始め、体力には自信がありました。その長所を活かし、地元に貢献できる仕事に就きたいと思って選んだのが消防士です。転勤がほぼないことも魅力でしたね。夢を叶えるため、在学中は1日12~13時間と勉強漬けの毎日。人があまりしない、できないことにチャレンジしたいという気持ちをバネに、公務員試験を突破するため無我夢中で頑張りました。

学校で学んだこと・学生時代

学生時代は友人同士で分け隔てなく教えあい、学ぶ環境に恵まれていました。年齢の幅が広くいろんな人がいましたが、とても仲が良く、『全員合格』がクラスみんなの目標!放課後も教室に残って、夜9時過ぎまで自主学習する日が続きました。「分からない問題は、5択のなかから仮定の答えを想定して解くといいよ」など、先生のアドバイスを受けながら、成績も着実にアップ。みんなで1つの目標に向かって頑張ることで、チームワークや協調性、お互いに切磋琢磨しながら成長していく姿勢を学び、その経験は今の仕事にも活かせています。

前田 祥吾さん

京築広域圏消防本部/警察官・消防官コース/2016年卒/クラスメイトと共に公務員試験合格に向けて協力し合った学生時代の経験が、今の仕事でも活きていると実感している前田さん。チームワークが求められる仕事なので、普段から目配り・気配り・心配りを大切にしているという。彼の憧れの先輩は、救急救命士の資格を持つ隊長。「知識のレベルも違う隊長はカッコいいですね!現場で行えることも救急隊と救急救命士では異なるので、いつか救急救命士の資格も取得したいと思っています」。人に、地元に貢献したいという熱い想いを胸に、彼の挑戦はこれからも続くようだ。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大原簿記公務員専門学校小倉校(専修学校/福岡)