• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 福岡
  • 福岡リハビリテーション専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 立石 貴樹さん(理学療法学科/理学療法士)

人体骨格模型は、基本中の基本!頭にしっかり入っています。

先輩の仕事紹介

念願の「理学療法士」の夢の入口に立ったばかり、人のため自分のために歩み続ける!

理学療法士
理学療法学科/2019年卒
立石 貴樹さん

この仕事の魅力・やりがい

臨床実習に行って「理学療法士」という仕事の素晴らしさを改めて知ることができました。患者様と理学療法士の関係性がとても良く、お互いがお互いを信頼し合っている関係で同じ方向を見て頑張っている姿はとても感動しました。患者様一人ひとりにあったゴール設定をし、リハビリテーションを行って、目標達成している姿を見て憧れを抱きました。患者様が退院されるときに、泣きながら感謝されている姿をみて、とても素晴らしい職業だと思いました。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校生で進路に迷っている時に、新聞の片隅に掲載されていたプロ野球チーム専属の理学療法士の記事を見ました。怪我をした選手と一緒に再起を目指す記事で、辛く大変な時期にもその理学療法士が支えになってくれたこと、もう一度、グランドへ戻るという目標に向かってともに頑張っている姿がそこに紹介されていました。高校まで野球をしていた私は、その記事に興味を持ち、「理学療法士」という仕事を目指すことに決めました。

患者様とのコミュニケーションを大切に施術していきたいです。

学校で学んだこと・学生時代

歴史があり、学習ノウハウのしっかり確立した「福リハ」は、4年間で基礎から応用までしっかりと学ぶことができます。先生と学生の距離が近く、勉強の面での質問や相談がしやすいことで、成績向上に繋がり、全国でもトップクラスの国家試験合格率、就職率を残せているのではないかと思います。国家試験全員合格に向けて、熱い先生方のご指導や卒業生の差し入れなど、学校全体でサポートしてくれます。グループ学習の班長として、班員一人ひとりの点数をあげるために、苦手なところを分析し、時には言い合いになりながら、クラス全体で「全員合格」に向けて意識高く目標にチャレンジします。

同じ目標に向かう友達は、いつも力になってくれる心強い存在です。

これからかなえたい夢・目標

理学療法の勉強をしてきて、「脳血管疾患」に興味を持つようになりました。臨床実習を通して人によって違う回復の早さや症状を目の当たりにし、人体の不思議を感じ興味が湧きました。勉強していく中で、「脳」について解明されていないことが多く、「脳卒中の患者様の目標設定に向けて達成できるように貢献したい」と思うようになりました。患者様を治療していく中で疑問に思ったことを研究し、学会発表を目標に患者様のためにはもちろんですが、リハビリテーション業界への発展・貢献をしていきたいです。

立石 貴樹さん

東京湾岸リハビリテーション病院/理学療法学科/2019年卒/人体は、とても不思議な力を持っていてまだ解明できてない点が多くありますが、医学は日々進歩を遂げ、人体の解明も着実に進んできています。機能回復や維持だけではなく予防医学などさまざまな治療法が確立され、理学療法士の活躍分野も広がっています。医療に対する情熱と人のために働きたい!という気持ちが難関の国家資格「理学療法士」の取得にも立ち向かうことができます。いつでも人の立場に立つことのできる優しい気持ちと最後までやり遂げるという強い気持ち、常に向上心を持ち歩み続ける立石さんの将来が楽しみです。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

福岡リハビリテーション専門学校(専修学校/福岡)