• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 福岡
  • 福岡リハビリテーション専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 桃野 綾香さん(作業療法学科/作業療法士)

体だけじゃなく心のリハビリも行う作業療法士に!

先輩の仕事紹介

患者様の一番近くで支えたい!体も心も笑顔にする作業療法士を目指す!

作業療法士
作業療法学科/2019年卒
桃野 綾香さん

この仕事の魅力・やりがい

病気やケガで障害を持たれ、そのために前の生活に戻れず不自由な思いをされている方のために、日々の生活を通して、その方に必要なリハビリメニューを考えます。まずは、痛みや不快感を取り、必要なことが一人でできるように、住み慣れた家で不自由のない生活を送れるようにすることで、患者様の笑顔を取り戻していきます。患者様の生活に直接アプローチができることは、目標設定もわかりやすく、リハビリに対するモチベーションも上がります。出来ることが少しずつ増え、さまざまな工夫をしながら生活を楽しむ患者様の笑顔を見るたびにこちらも元気をもらうことができ、いただく感謝の言葉でやる気をもらうことができます!

この分野・仕事を選んだきっかけ

小学生の時に祖父が倒れ、意識もなく、動くことはできないと宣告された時には、ショックでした。しかし、祖父は意識を取り戻し、懸命なリハビリの結果、今では日常生活は問題なくとても元気に生活しています。その時にリハビリをしていただいた先生のおかげで祖父に笑顔が戻り、「生きよう」という力が湧いているのがわかりました。私も誰かの支えになれる職業に就きたいと考えるようになりました。また、健康のありがたさ、感謝の気持ちを改めて考えることができました。医学的な知識を持ち、国家資格を有する作業療法士は障害を問わず日常生活に支援が必要なすべての人に対して体だけではなく、心のサポートも出来ることに魅力を感じました。

学内実習用に病院と同等のリハビリ設備が整っています。

学校で学んだこと・学生時代

作業療法士になるための医学的知識、専門分野の知識を学びましたが、作業療法士としての職業観も学びました。例えば、助けが必要としている人がいないか、気配り目配りができるようになりました。いつもとは違う変化に気づくことなど、スムーズに違和感なくできるようになり、病院実習の場面でもすごく役にたちました。「福リハ」で学んだ4年間での自分がいろんな面で変化していくことがとても楽しかったです。たくさん、学んだことはありますが、医療職に就く私にとって勉強以外での足りなかった患者様に対する気持ちや責任感のなどの働く上での核になる部分も学べたと思います。

不安や悩みも先生に話せば解決!

これからかなえたい夢・目標

私が就職する病院は、回復期の総合病院です。回復期といえば、リハビリテーションを積極的に行い、今後に影響をあたえる重要な時期だと思います。患者様一人ひとりがすべて違います。同じ病状でも、年齢も違えば性格も違います。教科書で学んだことをベースに患者様と真剣に向き合い、その人らしい生活が送れるように、リハビリメニューを考え提供し、たくさんの患者様の笑顔と希望を取り戻すことのできる作業療法士になるのが私の目標です。

桃野 綾香さん

北九州市立 門司病院/作業療法学科/2019年卒/「障害を持たれた方の機能回復を目指すのだけがリハビリではありません。これからの先の未来を見据え、どのように生活していくかを考えるのも作業療法士の仕事です。出来なくなったことを出来るようにするだけでなく、考え方を変えアプローチを変え、ゴールを目指す。右手でできないなら左手を使おう!痛いリハビリも少しでも楽しみながら、好きなことに転換しながら行えるように工夫していきます。」リハビリテーションの進化は凄まじく、今まででは考えられなかった技術の進化を遂げています。努力家で頑張り屋の桃野さん、一歩一歩を着実に歩み進歩していく姿をこれからも見守っていきたい。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

福岡リハビリテーション専門学校(専修学校/福岡)