• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 沖縄
  • 専門学校 琉球リハビリテーション学院
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 長嶺 博文さん(理学療法学科/理学療法士)

沖縄県認可/専修学校/沖縄

センモンガッコウ リュウキュウリハビリテーションガクイン

患者さまが回復していく様子が何よりの励みです

先輩の仕事紹介

理学療法士としての知識や技術はもちろん、人間性も高められるよう、これからも成長していきたいです!

理学療法士
理学療法学科(夜間部)/2011年3月卒
長嶺 博文さん

この仕事の魅力・やりがい

数カ月間、患者様と共にリハビリを行う中で、回復していく様子を見られるのが一番のやりがいです!働きはじめの頃は、分からないことだらけで・・・。でも、担当した患者様が杖や装具を使ってお一人で歩けるようにまで回復され、退院する時に「あなたにリハビリしてもらってよかったよ」との言葉をかけてくださったことがとてもうれしくて、今でも忘れられません。「日常生活に近づくことができ、退院まで見届けることができた」、その経験が理学療法士としての自信につながりました。そして、患者様にとっては入院生活でストレスが溜まることも多いと思います。だからこそ要望や訴えたいことを聞き、できる限り応えることも心がけています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校生の頃、部活で野球をしていた時にケガをして、整形外科で理学療法士の方にケアの指導をしていただいたことがありました。その時にリハビリという分野があることを知り、興味を持ったのがきっかけです。そして、筋肉や身体の構造についての知識を持っていることや、野球を長くしていたことから、元々スポーツに携わりたいという気持ちがあったので理学療法士という職業を目指すことにしました。琉リハへは、地元・沖縄での進学を希望していたのでオープンキャンパスに参加して、きれいなキャンパス、そして学ぶための施設や設備が充実していることから、しっかり学べそうだなと思って入学を決めました。

患者様の心のストレスもできる限りケアしたいです

学校で学んだこと・学生時代

学生時代に行った病院や施設での臨床実習では、「自分は現場というものを知らないんだ!」ということを痛感しました。「何をすればいいのか分からない」、しかし、ただ分からないと質問するのではなく自分なりに考え、答えを持ってから指導してくださる上司や先輩方にお尋ねしないと意味がないと、必死にがんばりました。そうする中で人の身体やさまざまな病態についての知識や技術だけでなく、患者様、そして上司や先輩、周りのスタッフの方々との人間関係を築くことの大事さを実感しました。人とのコミュニケーションの大切さ、自主性など社会人として必要なことをたくさん学ぶことができた、とても貴重な経験をすることができました。

簡単な仕事ではないですが、やりがいは十分です!

長嶺 博文さん

大道中央病院 リハビリテーション部勤務/理学療法学科(夜間部)/2011年3月卒/高齢者の方や脳卒中による後遺症を持つ患者様のリハビリを担当している理学療法士の長嶺さん。自身とのリハビリでの様子やカルテをチェックするのはもちろん、作業療法士や言語聴覚士とのリハビリの様子を見るなど多角的に確認することで、患者様の状況をより深く理解するようにしているそう。そして、新しい知識や技術の習得のために勉強会にも意欲的に参加。「実習でのレポートはパソコンで作成するのですが操作自体に手間取って時間がかかるので、学生のうちから慣れておくと実習だけでなく、実際の現場でもすぐに役立ちますよ」と後輩たちへアドバイス。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

専門学校 琉球リハビリテーション学院(専修学校/沖縄)