• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 福岡
  • 福岡医健・スポーツ専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 新里 健斗さん(作業療法科/作業療法士)

他職種や目上の方と話す機会が多いので、コミュニケーション力があがります!

先輩の仕事紹介

「その人らしさ」を引き出すことができる仕事。身体だけではなく、心にもアプローチするリハビリを

作業療法士
作業療法科/2018年卒
新里 健斗さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

作業療法士は、病気や怪我で思うように身体を動かせなくなった方に対して、少しでも元の生活にも近い環境に戻れるように道具や環境を調整したり、工夫をしてリハビリを行う仕事です。担当した患者さんの中には「あなたでよかった」と涙を流しながら言ってくれる人もいて、そんなときにはやりがいを実感します。リハビリという仕事は、身体の機能を取り戻すことはもちろんですが、心にもアプローチすることができると思います。特に作業療法は、工夫次第で患者さんを笑顔にすることができ、「その人らしさ」を引き出せるところが魅力です。少しでも興味がある方は、ぜひ挑戦してみてください。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校生の時、手術をして入院し、リハビリに出会いました。思うように動かせなかった身体を、また部活ができるまで支えてくれた素敵な作業療法士さんから、この仕事のすばらしさを教えていただき目指すようになりました。実際に現場で働いてみると、一人として同じ患者さんはいませんし、教科書通りにはいかないことの方が多い…でもそれが面白いところでもあります。自分が患者さんにしたことの倍、患者さんの身体や心が反応することもあります。日々の積み重ねで経験値が増えていくのが嬉しいですね。患者さんご本人だけでなく、そのご家族や他職種の方など、色んな人と関わり、一緒に同じ目標に向けて頑張っていきたいです。

時間にゆとりをもって行動することを心がけています

学校で学んだこと・学生時代

小児・福祉・精神・教育といった幅広い作業療法士の知識を、4年制だからこそしっかり学ぶことができたと思います。また、福岡医健は実習が豊富。地域作業療法実習では、施設での実習見学を通して、障がい者の方や高齢者の方の在宅生活の支援方法を学ぶ機会がありますし、リハビリの先進国・アメリカでの研修を通して、先進の知識と技術を学ぶこともできます。それに学校の雰囲気も魅力です。九州出身の人が多いので馴染みやすいですし、学校内のイベントや行事が多く、他学科と交流できる機会もたくさんあります。仲間と一緒に支え合いながら学んだ4年間が貴重な財産となっています。

たくさんの仲間が支えてくれるので、4年間しっかりと学べました!

新里 健斗さん

福岡リハビリステーション病院 勤務/作業療法科/2018年卒/沖縄県立宮古高校出身。15年間バスケットを経験し、バレー、陸上など身体を動かすことなら何でも好きだというアクティブな新里さん。「作業療法士は高齢の方と関わることが好きな人や、困っている人のために何か役に立ちたいと思っている人に、ピッタリの仕事。AIにはできない人間らしさを活かせるのが魅力です。患者様を自分の両親だと思って行動することを日々心掛けています」と話してくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

福岡医健・スポーツ専門学校(専修学校/福岡)
RECRUIT