• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大原簿記情報専門学校札幌校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 鈴木 孝幸さん(情報システム学科/システムエンジニア(SE))

北海道認可/専修学校/北海道

オオハラボキジョウホウセンモンガッコウサッポロコウ

先輩の仕事紹介

システム作りは、利用者の思いを形にすること。成果が目に見えることがやりがいです。

システムエンジニア(SE)
情報システム学科/2010年卒
鈴木 孝幸さん

この仕事の魅力・やりがい

システムの仕事というのは、目には見えないものを作っているので、どうしても裏方的な作業が多くなります。ですが、ユーザー(お客様)の声をもとに、本当に求められるシステムを構築していく作業を積み重ね、完成したものを実際に使ってもらえた時は、達成感を感じます。目に見えるモノだけがモノづくりではありません。僕はシステムという目に見えないモノを作っていますが、それを使ってくれる人がいて、その人たちの日頃の業務が滞りなく進められたり、より効率よく作業が進められるようになり、結果的にそれが満足感として、目に見える成果として表れる瞬間の喜びはとても大きいです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

今の仕事を選んだきっかけは、大原の就職活動の担当の先生に勧められたこと。「音楽」の分野に「システム」としてどう関わっていくことができるのか、それまで考えられなかった部分を、面接や応募書類の作成を通して考えるようになり、興味を持ちました。また、ソニーミュージックの欲しい人材が、「企画立案ができて、元気で明るく働ける人材」だと知り、人と関わることが好きな自分の性格と、周りの人に働きかける行動力を活かすことができる、またとない就職先だと感じました。ソニーミュージックのグループ会社にシステムを提供できるこの仕事を選んでよかったと思っています。

主な仕事内容は、社内外のシステムの設計・運用・開発

学校で学んだこと・学生時代

大原の強みは、やはり資格と就職に強いこと。僕は2年制のコースだったのですが、入学から1年間は、基本情報技術者試験の合格をめざし、日々勉強していました。システムに関する勉強では、実際に作り動かしながら学ぶことができ、面白かったです。しかし勉強以上に印象的なのは、友達や先生方と親しい交流関係を築き、思い出を沢山作れたことや、周りの方との接し方、話し方などのコミュニケーション力が身についたことです。実際、大原で出会った仲間とは卒業した今でもつながりがありますし、就職活動においても、コミュニケーション力を活かして、面接で固くなりすぎずに、自分の素の部分を出しながら面接官の方と話をすることができました。

勉強以外でも能力を発揮させてもらえる場がありました

鈴木 孝幸さん

(株)ソニー・ミュージックアクシス勤務/情報システム学科/2010年卒/自分の仕事は、ユーザーとプログラマーをつなぐ「架け橋」のような存在だと語る鈴木さん。ユーザーから要望や理想のイメージを聞き取り、システム的にどう実現すればいいか、ということをプログラマーに提案し、作ってもらう。システムの専門知識がないユーザーの言葉を、いかにプログラマーにうまく伝えられるかが、力の見せ所。休日は、色々な街に繰り出し、東京の文化に触れて楽しんでいるそう。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
大原簿記情報専門学校札幌校(専修学校/北海道)