• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 北海道
  • 大原簿記情報専門学校札幌校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 植島 悠介さん(会計システム2年制学科/税理士)

北海道認可/専修学校/北海道

オオハラボキジョウホウセンモンガッコウサッポロコウ

クライアントの経営課題を解決するご提案をしています

先輩の仕事紹介

専門知識を活かして、経営者の発展に貢献。ともに喜びを分かち合える時がうれしいです

税理士
会計専攻学科(現:会計システム2年制学科)/2008年卒
植島 悠介さん

この仕事の魅力・やりがい

税理士としてお金の流れを把握しているので、クライアントである企業の経営者に、経営課題に対するアドバイスをさせていただいてます。経営者とお話しできるのは刺激があり面白く、実際にアドバイスさせていただいたことが事業に反映されたときは非常にやりがいを感じます。以前、自動車修理工場で修理料金の見直しを提案したところ、年間で数千万円も売上がアップしたときはうれしかったですね。また、会計や税務以外にも、今後のライフプラン等のご相談を受ける機会も増えてきました。色々な知識を身につけられることも税理士という仕事の魅力。これからも日々の努力を惜しまず、税理士としてクライアントの成長のお役に立っていきたいです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校は商業科だったので、さらに深く簿記を学ぼうと大原に進学。そこで税理士という仕事を知り、国家資格を取得したら「お金持ちになれそう!」なんて、恥ずかしながら最初は不純な動機でした(笑)。 正直なところ勉強が得意な方ではなかったので、進路はできることから選びました。でも今にして思えば、自分が興味をもてそうな分野がわかったし、あえて選択肢を絞ったことで集中して勉強できました。大原には本気で税理士を目指して勉強する仲間がいて、親身に指導してくれる先生がいたので、頑張れたと思います。また、実家が自営業で子どもの頃から手伝いをしており、自然と経済観念が身についていたかもしれません。

当事務所は分業制なので担当業務に集中できます

学校で学んだこと・学生時代

簿記の知識はある程度あったので、入学当初は学生生活を楽しみすぎて、税理士試験の受験をするために必要な資格にことごとく不合格。「このままじゃダメだ!」と反省しました。努力をしないと自分の進みたい方向に進めないと気づき、思い切って再度1年生からやり直し、そこからがむしゃらに勉強。先生が的確なアドバイスでモチベーションを上げてくれたし、「言葉は現実になる」と教えてくれたので、どんな難問でも「できる」と言い聞かせて乗り越えてきました。その後は順調に試験に合格し、成功体験が増えることで勉強もどんどん面白くなりました。大原では知識を身につけ、資格を取得し、メンタルも鍛えてもらった気がします。

クライアントの相談は電話でも対応することがあります

植島 悠介さん

税理士法人シマ会計 勤務/会計専攻学科(現:会計システム2年制学科)/2008年卒/落ち着いた雰囲気で、実年齢より年上に見られるという植島さん。「ようやく見た目に年齢が追いついてきました」と明るく笑う。休日はバドミントンやフットサルなどスポーツでリフレッシュ。まだ小さなお子さんと、将来は一緒にスポーツをすることを楽しみにしているというパパでもある。税理士になって変わったことを訊ねたところ、「税理士になってからというのは特にありませんが、大原で努力することの大切さに気づいて以来、できるだけの努力や勉強は現在も続けています」と教えてくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大原簿記情報専門学校札幌校(専修学校/北海道)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路