• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • あいち福祉医療専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 後藤 夕季さん(介護福祉学科/介護福祉士)

利用様の笑顔が増えると私も嬉しくなります!

先輩の仕事紹介

自分の言動がそのまま利用者様の笑顔につながる、素敵な仕事だと思います

介護福祉士
介護福祉学科/2016年3月卒
後藤 夕季さん

この仕事の魅力・やりがい

介護福祉士は、小さな喜びや嬉しさがたくさん詰まっている素敵な職業だと思います。食事や入浴、排泄など利用者様の生活を介助することは大変な時もありますが、それ以上に利用者様からたくさんのものをいただいています。「ありがとう」「楽しかったよ」など日々声をかけていただき、その度に私は利用者様に楽しみを提供できた、お役に立てたと感じることができて嬉しく思いますし、時には癒しにもなります。かかわりが深い分、私が忙しい、大変そうな表情を見せると、それが利用者様にも伝わってしまい不安な思いをさせるかも知れません。ですから、自分の心に余裕を持ち、常に笑顔でいられるようにしたいと思っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校3年生の進路を決める時期、何をしようか悩んでいました。そんな時、介護施設に入所している祖母に会いに行った先で介護の仕事が目に留まって。元々、人の役に立つ仕事がしたいと思っていたので、その後、父の紹介で施設での一日体験に参加させていただきました。そこで、初めて介護の現場を知り、スタッフの方と利用者様の関係が親密で楽しそうな雰囲気が印象的で「介護っていいな」と思い、介護福祉士になろうと決めました。途中「本当にやっていけるのだろうか」と考えてしまい、違う仕事にしようかと思うことも。でも今、選んで良かったと思えます。自分は少しでも役に立っていると実感でき、とてもやりがいを感じられますから。

忙しくでも笑顔を忘れません

学校で学んだこと・学生時代

あいち福祉医療専門学校で介護の勉強を始めるまでは、オムツの交換や食事の介助をするくらいしか思っていませんでした。実際は病気や骨の名称、心理学など学ぶことは幅広く実習もたくさん。実習では毎日記録を記入し、翌日提出しなければならなかったので大変でしたね。投げ出したくなる時もありましたが、先生やクラスメイトのおかげで乗り越えることができました。働いてみると、ちゃんと学んでおいて良かったと思います。特に介助の基本を実践して身につけていたことはとても役立っています。今後は学んだことを活かして、受け持たせていただいている利用者様の生活が少しでも快適に改善されるような個別援助計画を考えていきたいと思います。

快適に生活できるように考えて行動しています

後藤 夕季さん

老人保健施設 みず里 勤務/介護福祉学科/2016年3月卒/高校3年生の時、祖母の施設入所やボランティア体験を通して介護の道を志す。あいち福祉医療専門学校の介護福祉学科に進学し本格的に介護福祉士の勉強を始める。「職種を変えようかと考えて就職活動ができずにいました。でも、せっかく2年間頑張って知識を身につけたのだから一度やってみようと思い就職活動を始めたので、他の学生よりだいぶ遅いスタートでした」と後藤さん。結果、介護福祉士の国家資格を取得し、現在の職場に就職を決める。介護福祉士を目指す人に「国家資格はちゃんと取得しましょう。就職するにも待遇的にも有利ですから頑張ってください!」とエールを送る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

あいち福祉医療専門学校(専修学校/愛知)