• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京多摩調理製菓専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 製菓・製パン科

東京多摩調理製菓専門学校 製菓・製パン科

定員数:
40人

週4日の豊富な実習!製菓・製パンを同じ比率で学び、基礎をマスター

学べる学問
  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

目指せる仕事
  • バーテンダー

    カクテルと会話で上質なひとときを提供する

    街のバーやホテル、レストランのバーなどで、お客さまにカクテルをはじめとするドリンクを提供する。カクテルとは複数の洋酒や果汁などをミックスして作るドリンクのことで、お客さまの好みなどに合わせて微妙に味を調整するのがバーテンダーの腕の見せ所。バーカウンター越しの会話でお客さまをくつろがせるのもバーテンダーの役割の一つだ。日本のバーテンダーの技術は世界的にも高く評価されており、海外で活躍するチャンスも増えてきている。

  • ソムリエ

    ワインのすべてに精通するスペシャリスト

    店を訪れたお客さまが料理に合うワインを選択できるようにサポートするほか、ワインを中心とした飲み物の選定・購入・管理、さらに販売促進の企画立案など、ワインに関連するあらゆる業務を担当するのがソムリエです。欧州諸国では権威のある職業とされており、日本でもソムリエが常駐するホテル・レストランが多くなりました。ソムリエには認定試験があり、取得すれば活躍の場がさらに広がります。ちなみに最近は野菜、温泉、みそなど、さまざまなものに“ソムリエ”をつけて専門家を認定する傾向がありますが、ここでは「ワインソムリエ」に限定して紹介します。

  • フードコーディネーター

    食まわりビジネスすべてに関わる仕事

    出版や広告の料理作りおよびスタイリング、店舗のメニュー開発、料理教室の運営、食器スタイリングなど仕事は幅広い。料理研究家とフードコーディネーターを兼ねるケースもあれば、食器の選択や盛付け、テーブルまわりのセットだけを行うケースもある。料理研究家やスタイリスト、カメラマン、編集者を手配し、ひとつのチームとして売り込むコーディネートの仕事もある。

  • クッキングアドバイザー

    製品のPRを兼ねた調理アドバイザー

    調理器具メーカーや食品メーカーに勤める営業の一種。製品の販売促進を目的として、調理方法のアドバイスや新製品の情報提供をする。デパートやスーパーなどで実演したり、実際にユーザーの家庭やグループを訪問して行う場合がある。経験を積んで、メーカー主催の料理教室の講師となったり、PR用のハンドブックの編集をするケースもある。

  • 料理研究家

    料理レシピを研究・開発し、広く発信。「食」で人を笑顔にする

    料理研究家の主な仕事は、オリジナルレシピの開発や、飲食店のメニュー・食品メーカーが販売するお弁当などといった商品の監修、企業の販促用レシピの開発などです。考案したレシピは、各種メディア(出版社・テレビ局・WEBメディアなど)・企業・地方自治体などに提供し、その対価として受け取る報酬が収入になります。人気が出ると、レシピ本の執筆のほか、料理番組の講師として活躍する人もいます。料理研究家を名乗るのに明確な規定はなく、特別な免許や資格も必要ありませんが、大学や専門学校に通って「調理師」「栄養士」「管理栄養士」の国家資格や「フードコーディネーター」などの民間資格を取得し、その知識を仕事に生かしている人がたくさんいます。料理人が料理研究家に転身したり、趣味で運営していた料理ブログが注目されて料理研究家デビューを果たす主婦がいたりと、料理研究家になるルートは実にさまざまです。「料理が好き!」「自分が開発したレシピで人をよろこばせたい」という気持ちがあれば、誰にでもその可能性が開かれている職業といえるでしょう。

  • テーブルコーディネーター

    食卓イメージの演出家

    レストランやホテルなどで使う食器のスタイリングやデザインを担当したり、料理ページなど、雑誌や広告で紹介する食器や関連雑誌などのスタイリングをする。フードコーディネーターが兼ねている場合も多い。さまざまな食様式を知った上で、オリジナルなスタイリングができる人材が求められている。

  • バリスタ

    おいしい一杯を淹れるコーヒーのスペシャリスト

    日常生活にひとときの安らぎやうるおいを与えてくれる一杯のコーヒー。コーヒー豆や抽出法などの専門知識と技術を活かし、香り高く風味豊かなコーヒーを淹れるスペシャリストがバリスタです。バリスタはイタリア語で「バール(軽食や酒も提供するイタリア風カフェ)で働く人」を意味し、主にエスプレッソコーヒーを淹れる人を指します。日本では専門職としてのバリスタの認知度はまだあまり高いとは言えず、ドリンク全般をはじめ、フード作りやサーブ、接客など幅広いカフェ業務を任されることも多いようです。

  • パン職人

    食卓に驚きを。人々の笑顔を引き出す、理想のパン作りを追求

    パン職人は美味しいパンをつくるプロフェッショナル。パンは老若男女問わず広く愛され、今や日本人の生活に深く浸透しています。スーパーやコンビニでも購入することができますが、パン屋さんのパンはやはり特別。焼きたてのパンを求めるお客さまのため、朝早くからお店をオープンさせます。パン職人になるのに必要な免許や資格、問われる学歴はありません。自分で店を開きたいなら「菓子製造業許可」や「飲食店営業許可」を取得すればOKです。ただし、美味しいパンが焼けるようになるにはコツがいりますので、製菓・調理専門学校に通うほか、パン屋で働くなどして、プロの技から学ぶ必要があります。

  • パティシエ(洋菓子職人)

    洋菓子店やレストランの洋菓子専門シェフ

    洋菓子だけを専門につくるシェフ。ケーキ、ムース、ババロア、クッキーなど洋菓子とひと言で片付けられないほど、幅広いメニューをつくり出す。店舗でお菓子作りをするだけでなく各種コンテストに出場したり、講習会の講師としても活躍するケースがある。

初年度納入金:2020年度納入金(参考) 147万円 
年限:1年制

東京多摩調理製菓専門学校 製菓・製パン科の学科の特長

製菓・製パン科の学ぶ内容

実習時間はたっぷり!製菓・製パンの基礎から応用までを学習
製菓50%、製パン50%の割合で十分に実習しながら、1年間で約200種類の豊富なレシピに挑戦します。理論の学習も充実。応用力の育つ授業が展開されます。カフェクリエーター実習、ラッピング実習、色彩・デザイン、プレゼンテーションなど+αのスキルも習得でき、幅広い将来像に対応しています。

製菓・製パン科の先生

  • point こんな先生・教授から学べます

    夢で終わらせないために。将来を見据えた進路指導も親身に考えてくれる

    ホテルでの経験を踏まえ、食の安全について重視し指導する菅谷先生。例えば卵は、冷蔵庫を分けて保管することもプロの現場では多いといいます。生で食べるフルーツとは一緒にしない。そういった事例をたくさん伝えることで、食の提供者としての自覚と責任を意識させるそう。夢や憧れだけでは続けられな…

    東京多摩調理製菓専門学校の先生

製菓・製パン科の実習

カフェやラッピングなど、バリエーション豊かな実習
★カフェクリエーター実習/コーヒー・紅茶の淹れ方や、カフェビジネスを基礎から学び、カフェフードなどの調理実習にも挑戦します。
★ラッピング実習/包装紙やリボンなどを用いて、さまざまな形状の箱をラッピング。商品をより魅力的に演出する技術を身につけます。

製菓・製パン科の卒業後

プロとしての土台を築き、パティシエ、ブーランジェ(パン職人)として活躍!
小麦粉・卵・砂糖・バター。この組み合わせで無限のレシピが生まれるお菓子とパンの世界。その分、材料の割合や混ぜ方、焼き方といった一つひとつが仕上がりを左右します。プロになるには技術と理論の両方が必要です。そのため授業では基礎を重視。しっかり土台を築き、将来に向けての準備ができます。

製菓・製パン科の資格

卒業と同時に、「菓子製造技能士2級<国>」「パン製造技能士2級<国>」の受験資格を取得
『厚生労働大臣の指定校』なので、製菓・製パン科は卒業と同時に「菓子製造技能士2級<国>」「パン製造技能士2級<国>」の受験資格を、卒業後実務2年で「製菓衛生師」の受験資格を取得できます。最大で8種類の資格が取得可能。就職後すぐに役立つ「カフェクリエーター3級」や「ラッピングクリエーター3級」も取得できます。

製菓・製パン科の雰囲気

先生との距離が近く質問しやすい校風。しかもアクセス至便
アットホームな雰囲気だから、授業中も質問の手を挙げやすく、活気に満ちています。先生は休憩時間や放課後の個別質問にも、丁寧に対応してくれます。また駅から徒歩3分、新宿駅まで30分というアクセスの良さも魅力!

製菓・製パン科のイベント

美味しい!楽しい! 「 体験入学 」
定期的に体験入学を開催。一流の先生から丁寧に指導してもらえる調理実習は、メニューが毎回異なるので何度行っても楽しめます。詳しい日程や参加方法などは資料請求にて確認を。

東京多摩調理製菓専門学校 製菓・製パン科のオープンキャンパスに行こう

製菓・製パン科のOCストーリーズ

東京多摩調理製菓専門学校 製菓・製パン科の学べる学問

東京多摩調理製菓専門学校 製菓・製パン科の目指せる仕事

東京多摩調理製菓専門学校 製菓・製パン科の資格 

製菓・製パン科の目標とする資格

    • 製菓衛生師<国> 、
    • 介護食士 (2・3級) 、
    • 食品衛生責任者 (希望者) 、
    • 菓子製造技能士<国> (3級) 、
    • パン製造技能士<国> (3級)

    ラッピングクリエーター3級、カフェクリエーター3級、サービス介助士2級

東京多摩調理製菓専門学校 製菓・製パン科の就職率・卒業後の進路 

製菓・製パン科の主な就職先/内定先

    ミリアルリゾートホテルズ、ホテルインターコンチネンタル東京ベイ、うかい、イクスピアリ、ムッシュイワン、アンテンドゥ、ブーランジェリーエリックカイザージャポン、ポンパドウル、ル・ジャルダン・ブルー、FUJIU ほか

※ 2019年3月卒業生実績

東京多摩調理製菓専門学校 製菓・製パン科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒206-0011 東京都多摩市関戸4-20-3
TEL042-375-8215
info@tamacho.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都多摩市関戸4-20-3 「聖蹟桜ケ丘」駅(特急停車駅)から東口を出て徒歩 3分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

東京多摩調理製菓専門学校(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る