• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 高知
  • 高知医療学院
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 柿本 裕斗さん(理学療法学科/理学療法士)

高知県認可/専修学校/高知

コウチイリョウガクイン

理学療法士の仕事につながる学び

右へ
左へ

学んだことをすぐに実践。隣接する病院での実習で知識が即戦力に変わる

患者様が真に求めていることをリハビリテーションとして提供する。学びと実践と考察のサイクルで培った力を活かし、理学療法士として活躍する柿本 裕斗さんに、成長に必要なことをお聞きしました。

理学療法士
理学療法学科 卒
(2014年卒業)
柿本 裕斗さん
  • 医療法人新松田会 愛宕病院
  • 高知県 高知小津高校 卒
解決までのプロセスを考える力が、在学中に身につきました

患者様が望んでいることを引き出し、それを実現するリハビリテーションを提供

「常に自分自身で考え、実践する」ことを今も実践しています

卒業研究発表会で全学年の学生を前に、勉強してきたことを発表

リハビリテーションを行ったとしても、一度ダメージを受けた機能を完全に回復させることは難しい。だから大切なことは、患者様がこれからの人生をどう歩みたいのかを見極め、それを実現できるようサポートすることだと考えています。また、敷地内に併設された病院での実習のなかで、的確なリハビリテーションだけではなく、患者様一人ひとりへのアプローチの仕方などを考える力を身につけることができました。

先端の運動療法について触れ、リハビリテーションの可能性を実感

ものの硬さの感じ方の違いを脳に学習させ、機能回復を図ります

様々な治療器具を使い、リハビリテーションを行います

高知医療学院ではリハビリテーションについての先端の療法についても学ぶことができます。その学びのなかで衝撃を受けたのが「認知神経リハビリテーション」。麻痺によって動かなくなった部位に対して、脳の中の身体情報を構築することで身体の機能回復を図るようにする考え方です。こうした新しいアプローチを知り、リハビリテーションの可能性を感じたことで、やりがいを実感しました。

リハビリテーションの取組みと成果を、学会という場で共有していく

患者様の日々の状態を細かく記録。情報を活用する力も必要です

学会への発表を通して、自分自身の知識の整理にもつながります

入院されている患者様が家に帰り、家事ができるようになったり、復職したり、ニーズを実現できたとき、理学療法士としてやりがいを実感できます。それだけで終わらず、得た知識を次の患者様のリハビリテーションにフィードバックすることが大切だと思います。こうした知識は患者様だけではなく、同僚や後輩、もちろん自分自身の成長にも役立ちます。そのため学会にも積極的に参加し、共有していきたいと思います。

先生からのメッセージ

  • 園田 義顕先生/専任講師、学生副部長

患者様の病態は、笑顔だけでは乗り切れない難しい問題が多くありますが、臨床実習を通して、よく考え、経験を積むことで、患者様から真の笑顔を引き出せるセラピストに成長できると思っています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
高知医療学院(専修学校/高知)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路