• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 千里金蘭大学
  • 先生・教授一覧
  • 足達 哲也先生(食品機能学・病態生理学)

私立大学/大阪

センリキンランダイガク

こんな先生・教授から学べます

食物の可能性を追求し、人々の健康に繋げる先生

食品機能学・病態生理学
生活科学部 食物栄養学科
足達 哲也先生
先生の取組み内容

大阪の農林水産物(「大阪産」おおさかもん)である「吹田くわい」を研究しています。「吹田くわい」の特長である苦みの中に、脂肪分解の促進や血糖値の上昇を抑える「トリテルペン類」が含まれているため、生活習慣病、メタボリックシンドロームなどへの効果が期待されています。現在、脂肪肝を抑える作用が見つかり、そこにフォーカスして研究を進めています。
食物にはまだまだわかっていない機能があるので、これからが楽しみです。
生活習慣病の増加は、単に苦しむ人が増えることに加え、国民医療費の増大にも繋がっています。「食」は栄養摂取や味を楽しむことはもちろん、さまざまな病を予防してくれるものでもあります。
人々の健康維持のため、まだまだ無限の可能性のあるたくさんの食材・食べ物を科学の目で斬っていきたいです。

人々の健康のために、「食」が貢献できる可能性はまだまだあります

授業・ゼミの雰囲気

食物の面白さをまずは体験し、科学的に掘り下げていく

「食物の面白さをまず体験してもらうようにしています」と語る足達先生の授業では、学生たちが思い思いの食物を持ち寄り、どんな味がするか、どんな食感なのかをみんなで実際に試食して調べます。そして、「甘い」「すっぱい」「固い」などを感じさせるのは何故なのか科学(化学)的に分析し、掘り下げていきます。
また、食物栄養学科の学習プログラムとして、化学・生物などの理系科目を基礎からしっかりと身につけることを重視しているため、苦手意識のある方も「食への興味」さえあれば着実にステップアップしていくことができます。

興味を持って「食」に触れるうちに、化学や生物学的な知識は自然と身につきます

キミへのメッセージ

ぜひ共に、「食の可能性」を追求してみましょう!

食べることは、とても興味深く楽しいことです。
食物栄養学科では、「食べる」を学問として扱うので難しく感じる部分はありますが、関心さえあれば必ず乗り越えられるものでもあります。
ぜひ共に追究してみませんか?

足達 哲也先生

京都大学大学院人間・環境学研究科を修了後、千葉大学医学部・大阪府立大学先端科学研究所・京都大学薬学部・神戸大学医学部・京都府立医科大学医学部で代謝異常・内分泌疾患予防の研究に従事した。また、湊川短期大学で健康科学・養護教諭養成課程教育を担当した。現在は同学にて、生活習慣病・メタボリックシンドローム予防の食品機能開発研究と、食品学分野教育を担当している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

千里金蘭大学(私立大学/大阪)