• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 千里金蘭大学
  • 先生・教授一覧
  • 岸本 みさ子先生(子どもの身体づくり・子どもの運動あそび・幼児教育学・保育学)

私立大学/大阪

センリキンランダイガク

こんな先生・教授から学べます

子どもがあそぶことの大切さと育ちの可能性を伝える先生

子どもの身体づくり・子どもの運動あそび・幼児教育学・保育学
生活科学部 児童教育学科
岸本 みさ子先生
先生の取組み内容

「子どもの身体づくり」について研究をしています。
乳幼児期は、人生のさまざまな土台が作られるとても重要な時期。身体もその1つです。その際に大切なことは、「あそびを通した多様な動作の経験」を子どもたちが多く積み重ねていくことです。
乳幼児期から学童期前半は、多様な動作を獲得しやすい時期とされています。そんな時期をフルに活かせるように、子どもたちがさまざまな経験ができる環境を考え、保育・教育の現場で提供していくことが重要です。また、子どもと一緒にあそぶことができる保育者(大人)がいることによって、子どもたちの発達は促進されます。
子どもの発達段階をしっかりと観察し、子どもたちが身体を使ってあそぶことができる環境を整え、一緒に走り回れる保育者が必要だと考えています。

あそびを通したさまざまな動作の経験が、子どもたちの身体づくりには重要です

授業・ゼミの雰囲気

子どもたちの気持ちになり、あそびの大切さや可能性に触れる

岸本先生の授業では、あそびの大切さを伝えるとともに、目的や意図を明確に持ちながら子どもたちと一緒に活動できる保育者を育てています。
例えば、学生たちが幼児になりきって実際に鬼ごっこやゲームを行い、子どもたちの気持ちになりながら、あそびによってどのような力が育つのかを考えます。子どもたちの年齢に応じた指導案を作成し、適した指導方法を学ぶ機会もあります。
また、パペットやエプロンシアターなどの保育教材の作成や、学生たちが自らあそびを考えて実践する取り組みも行っています。

「あそび」の楽しさ・大切さを経験することで、子どもたちに寄り添う力が身につきます

キミへのメッセージ

保育・教育は、まっすぐな気持ちと日々向き合える素晴らしい仕事です!

子どもたちは感性豊かで、喜怒哀楽がはっきりしています。子どもに関わる仕事は、純粋でまっすぐな感情と日々向き合い、心の成長をサポートできる、本当に素敵な仕事です。ぜひ一緒に、学びを深めていきましょう!

岸本 みさ子先生

聖和大学 教育学部幼児教育学科を卒業後、聖和大学大学院 幼児教育研究科 博士前期課程を修了。大阪総合保育大学大学院 児童保育研究科児童保育専攻 博士後期課程に在学し、今も学びを深めている(2019年3月現在)。2016年4月より本学の講師を務め、「あそびを通した保育」の大切さを学生たちに伝えている。
免許・資格:幼稚園教諭先週免許状、幼稚園教諭1種免許状、保育士資格、幼児体育指導員2級、健康運動指導士

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

千里金蘭大学(私立大学/大阪)