• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 大阪
  • 千里金蘭大学
  • 先生・教授一覧
  • 長井 薫先生(生化学・神経科学・食品機能学・基礎栄養学)

私立大学/大阪

センリキンランダイガク

こんな先生・教授から学べます

「食生活」と「認知症予防」を繋げる先生

生化学・神経科学・食品機能学・基礎栄養学
生活科学部 食物栄養学科
長井 薫先生
先生の取組み内容

「食品成分による認知症予防」を研究しています。
高齢化が進む日本やその他の国々では、認知症患者が激増しています。認知症の発症後に進行を遅らせることはできますが、治すことはできないものがほとんどです。また、潜伏期間が20~30年と非常に長く、比較的若い頃から実は進行していた、というケースもあります。
そのため、早期の予防がとても大切なのですが、症状が出ていない段階で病院に行こうとする人はかなり少ないと思います。したがって、日常生活の範囲で人々が自然と予防していけるように、「食品」に着目して研究をしています。
私たちが日々食べている物の中から、認知症に効果があるものを1つでも多く見つけ出し、社会に伝えていくことで、みんなが気軽に認知症予防に取り組んでいける未来を作りたいと思っています。

食による認知症予防はまだまだ解明されていないものも多いため、大きな可能性があります

授業・ゼミの雰囲気

卒業のためだけでなく、世の中のためになる研究ができるゼミ

長井先生のゼミでは、先生のテーマと同じく「食品成分による認知症予防」についての新発見を目標に、学生たちがそれぞれのテーマを持って研究に取り組んでいます。
高齢化が進む日本やその他の先進国で、認知症予防は社会的な課題となっています。「卒業論文のために研究をする」ということだけでなく「世の中のために研究する」という前提で、長井ゼミでは授業と研究を進めています。
また、研究成果次第では国際的な学会や論文で発表するチャンスもあり、食や栄養に興味のある人にとって非常にやりがいのある環境となっています。

夢や目標をもつ学生たちの気持ちに、しっかりと応えられる環境づくりをめざしています

キミへのメッセージ

「食べること」は「生きること」。生命の根幹を一緒に学びましょう!

食や栄養は、生命の基本となるものです。面白い発見が沢山ありますし、社会や生活にとても活かすことができる学問です。興味のある方はぜひ本学で食や栄養について学び、よりよい未来を一緒に作っていきましょう!

長井 薫先生

大阪大学大学院医学研究科博士課程修了 博士(医学)。イギリス・インペリアル・カレッジやアメリカのマウントサイナイ医科大学に留学し、脳の研究に携わる。その後、兵庫医科大学、山梨大学、甲子園大学に所属し、2018年4月より千里金蘭大学に赴任した。「食品成分による認知症予防」の研究は兵庫医科大学からはじめ、ヤマブシタケによる効能などを発見。現在も認知症予防につながるさまざまな食物や作用を探し、研究を続けている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

千里金蘭大学(私立大学/大阪)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路