• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 聖泉大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 上羽 奏さん(人間学部 人間心理学科/放課後児童支援員)

私立大学/滋賀

セイセンダイガク

育成支援とは子どもの明日を明るく照らすこと

先輩の仕事紹介

私の仕事は、子どもたちがキラリと輝く瞬間を見逃さないことです

放課後児童支援員
人間学部 人間心理学科 臨床発達心理専攻/2013年3月卒
上羽 奏さん

この仕事の魅力・やりがい

学童保育所は放課後の遊びや生活の場で、子どもの育成支援を目的としています。私は、子どもたちと接するなかで、日々「これで良かったのか」「あの行動、話し方で良かったのか」と悩んだり、迷ったりしているのですが、実はこれが支援員の仕事における一番の魅力だと思っています。自分の行動や話し方が本当に子どもたちにとって良かったのか、なぜそうしたのかを振り返って、とことん悩み、迷って、反省したことを実践する。その繰り返しを通して、子どもたちとともに自分も成長していけることに本当にやりがいを感じますし、こちらの言葉や行動が子どもに響いたときは、この仕事を選んで良かったと思います。

学校で学んだこと・学生時代

聖泉大学では臨床心理、発達心理を専攻しました。講義科目のほか、カウンセリングの技法を学んだり、実際に箱庭を作成して実験を行ったりする多彩な学習によって、自分の行動を客観的にとらえて自分と向き合うことができ、自分自身をより深く知ることができました。また、自分自身だけではなく他者の言葉や行動を客観的に見て、どうしてそういう行動になったのかを追求していく力や、他者を受容して理解する力も身につきました。これは特に今の仕事に生かされていると実感しています。

これからかなえたい夢・目標

育成支援とは子どもの明日を明るく照らすことだと思っています。子どもたちの遊びや生活と接していると、大人から見ると「どうして?」「なぜ?」と感じる行動や言葉がたくさんあります。そんな子どもの見えている世界と見えない世界の中でキラリと輝くその瞬間を見逃さないことが、支援員の仕事のひとつであると感じています。目標は、子どもからも保護者からも同僚からも頼られる支援員になることです。子どもや保護者、同僚としっかり向き合うために、そして学校から帰ってくる子どもたちに笑顔で「おかえり」と言えるように、自己研鑽を怠らず、目標に向かっていきたいと思います。

上羽 奏さん

学童保育所勤務/人間学部 人間心理学科 臨床発達心理専攻/2013年3月卒/中学生の頃からジュニアリーダーサークルに所属。キャンプ等で子どもたちと過ごして、子どもと関わる仕事がしたいと考えていたものの、大学卒業後は介護福祉士として高齢者施設に就職。自分が本当にやりたいことは何なのかと立ち止まって考えた結果、やはり子どもと関わる仕事をしたいと思い、退職して学童保育所に勤めました。2015年度より放課後児童支援員の専門資格が設置され、念願の資格を取得。資格を取得することで、改めてこの世界でがんばる覚悟ができました。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

聖泉大学(私立大学/滋賀)