• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 大阪情報ITクリエイター専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 平井 隼さん(声優系コース/声優)

大阪府認可/専修学校/大阪

オオサカジョウホウアイティクリエイターセンモンガッコウ

現校名 大原情報デザインアート専門学校 2021年4月名称変更予定

新型コロナウイルス感染拡大の影響による、イベント・入試情報・資料請求に関する注意点について

マイクとモニターの前に立つと、プロ意識が高まります

先輩の仕事紹介

ドラマや舞台に精一杯チャレンジしています!目標は25歳までに主役に抜擢されること

声優
俳優・声優・総合コース/2018年卒
平井 隼さん

この仕事の魅力・やりがい

高校3年生の3学期、ある有名な若手俳優さんのドラマを見た時でした。「こんな人のように、自分とは違う何者かになり、全力で生きてみたい!」と思ったことから役者になろうと決意。公務員になろうという思いもあったのですが、大原情報デザインアート専門学校に進みました。現在はマスコミへの出演、ドラマのエキストラ、舞台出演も頑張っています。カメラの前で演技ができること、有名人と出会えることなど、とても充実した日々です。目標は、25歳までに主役級の役でドラマや映画に出演すること、歌手としての活動も目指しています。

学校で学んだこと・学生時代

在学中、まずは正しい話し方や発声方法を学び、次のステップで演技力、また声優として仕事をする上で必要なことを修得。自己PR、フリートークなどについても学びました。印象に残っている授業は「ナレーション」、大原の運動会も大盛り上がりでした。講師の方が有名人と会った時の様子について話されていた時は、「僕もゼッタイ共演して見せる!」と心に誓ったことを憶えています。大原では、模擬オーディションや学内オーディションなど毎日何かしらの課題があり、大変だと思うときもありましたが、おかげで今の生活で多忙な時期も乗り越えられる力が身に付いたと思います。

台本に描かれたキャラクターは、もう一人の自分自身!

分野選びの視点・アドバイス

芸能界には華やかな印象がありますが、じつはとても厳しい世界です。知識や技術、容姿に対して自分に自信を持っている人は、すぐにその考えを捨て、フラットに生きることをオススメします。行動するかしないかで悩んでいる時は、とにかく「やってみる」ことがイチバンです。たとえ失敗しても、普通の世界に戻るだけで、それより下はありません。ぜひ行動を起こして、後悔の無い人生を歩みましょう。まずはオープンキャンパスに参加してみて下さい。新しい発見があるかもしれません。

大原で学んだ演技の技術は、すべてが役に立っています

平井 隼さん

フリーランス/俳優・声優・総合コース/2018年卒/進学先についてインターネットで調べた結果、大原の存在を知った平井さん。もともとは公務員を目指しており、事務系のコースに入ろうと考えて入学したという。在学中は資格対策にも熱心に取り組み、電卓検定や漢字検定、声優検定なども取得する。「強い責任感を持つこと、遅刻は絶対にしないことといった、社会生活の基本的なマナーを身に付けたことも、仕事のプラスになっています」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大阪情報ITクリエイター専門学校(専修学校/大阪)