• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 大阪
  • 大阪成蹊大学
  • 先生・教授一覧
  • 中村 佳正教授(データサイエンス学部設置準備室長 副学長)

こんな先生・教授から学べます

データサイエンスで社会の課題に応える人材を育てる先生

データサイエンス学部設置準備室長 副学長
データサイエンス学部 データサイエンス学科 (2023年4月設置予定(認可申請中))
中村 佳正教授
先生の取組み内容

データサイエンスは、膨大なデータのもつ特徴を高速かつ正確に計算することで、人工知能や正確な予測技術などの基盤になる分野です。データ分析の第一歩は、データの持っている全体の傾向や特徴を知ることです。そして、そのデータはまず「行列」という要素を長方形に並べたものによって表されます。
もともとは物理学から研究をスタートしましたが、工学的な応用にもつなげたいという視点で研究を続け、物理の研究や数学が情報や工学の問題に適用できることを発見。結果として、行列の高速・高精度計算によって、データのもつ重要な統計的性質を引き出すことに成功しました。数学と工学の間を自在に行き来して、今は応用数学の研究に取り組んでいます。

数学や工学とも自在に発展させながら応用数学の分野を切り開いてきました

授業・ゼミの雰囲気

情報学の基礎と人工知能だけでなく、データサイエンスによる課題探索を同時に学べます

情報学の基礎や人工知能、プログラミングなどデータサイエンスのための基礎的な考え方や技術を学ぶことができる講義や実習を用意しています。また、課題解決のためのデータサイエンスの講義科目だけでなく、4年間を通してデータサイエンスの課題や社会的価値などを探索する演習科目も展開。こういった2つの方向から同時に学ぶことで、情報系の基礎力を身につけながら、社会的課題を明確化して解決する方法を考える力をつけることができます。

データの専門知識はもちろん、社会と情報との関わりという、これからの時代に求められる力が身につきます

キミへのメッセージ

データサイエンスを「知りたい」という気持ちに応える充実のサポート環境

データサイエンスに興味があれば、ぜひ大阪成蹊大学に学びに来てください。独自のカリキュラムのもとで担当教員による学生目線の指導などを受けることができ、安心して目標をめざせるサポート環境が整っています。

情報技術がさらに発展する時代に向けて、その課題への取り組み方を一緒に学んでいきましょう

中村 佳正教授

京都大学を卒業後、京都大学をはじめとするいくつかの大学での勤務を経て、2021年から4月から大阪成蹊大学にて着任。京都大学では大学院情報学研究科研究科長、理事補、学際融合センター長、工学部情報学科長、ボート部長等を歴任した。応用数学、とりわけ、データ行列の特異値分解アルゴリズムが最近の研究テーマ。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

大阪成蹊大学(私立大学/大阪)
RECRUIT