• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • びわこ成蹊スポーツ大学
  • 先生・教授一覧
  • 高橋 佳三教授(スポーツ学)

私立大学/滋賀

ビワコセイケイスポーツダイガク

こんな先生・教授から学べます

スポーツバイオメカニクスと古武術を取り入れた先生

スポーツ学
スポーツ学部 スポーツ学科
高橋 佳三教授
先生の取組み内容

スポーツバイオメカニクスとは、数学、物理学、生理学、解剖学などを活用し、人間の運動の仕組みを理解するための学問です。私は学生時代、野球のピッチャーでしたが、プロ野球選手のような速いボールを投げることができませんでした。そのため、スポーツバイオメカニクスを研究し、一流選手の身体の動かし方を理解しても、どうすれば球速を速くできるかをうまく伝えることができませんでした。そんな時に出会ったのが古武術です。古武術とは、剣道や柔道など、現代武術の源流に位置づけられる武術です。古武術に打ち込むうちに、速く動ける感覚をつかめました。この感覚と、知識や理論を組み合わせて説明すると、相手に伝わるようになりました。これからも、スポーツがうまくなりたいと考える人々の支援ができるよう研究を続けたいと考えています。

野球部の指導や古武術の練習以外の時間は、動作分析のデータと向き合うこともあります。

授業・ゼミの雰囲気

卒業研究に取り組み、その過程で見つけた新しい発見が競技力アップやチームの勝利につながります。

高橋先生の授業では、動作分析の考え方や古武術の身体の動かし方が学べます。ゼミでは、動作分析法を用いて、学生が興味のあるテーマについて調べ、卒業論文を執筆します。動作分析は、まず競技の様子を撮影し、その動画をパソコンに取り込み、特殊なソフトで処理、計算する、といった流れで行われます。高橋先生は、小さなことでも自分なりの発見を論文に盛り込むよう指導しているそうです。スタートで膝を120度に曲げればハードル走を速く走れることや、指を鍛えればハンマーを遠くに投げられることを発見した学生がいるそうです。

高橋先生の研究室には一本下駄など珍しいトレーニング器具があり、練習のために借りにくる学生もいます。

キミへのメッセージ

どうすればうまくなれるのか?「わからない」からこそ、おもしろい!

スポーツでどうすれば最大のパフォーマンスを発揮できるか、理論は確立されていません。このような「わからない」ことをあきらめるのではなく、「わからないから、おもしろい」と積極的に挑戦する人を求めています。

古武術の歴史についても造詣が深い。「戦いを想定した武術なので実践的なのも魅力」と語ってくれた。

高橋 佳三教授

スポーツバイオメカニクス、古武術 競技歴:小学生から大学3年次の夏まで野球に打ち込み、主なポジションは投手。その後はコーチなどを務め、現在は本学野球部助監督。大学院在籍時より古武術に取り組み、各地で講習会を開催。学歴・職歴:筑波大学、同大大学院を卒業後、本学の助手に。2012年より現職。主な著書として古武術 for SPORTSシリーズがある。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

びわこ成蹊スポーツ大学(私立大学/滋賀)