• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 日本医学柔整鍼灸専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 渡邉 真吾さん(柔道整復学科(夜間部)/スポーツトレーナー)

東京都認可/専修学校/厚生労働大臣指定/東京

ニホンイガクジュウセイシンキュウセンモンガッコウ

新型コロナウイルス感染拡大の影響による、イベント・入試情報・資料請求に関する注意点について

プロチームに帯同し、やりがいを感じて活動しています

先輩の仕事紹介

スポーツトレーナーは一瞬一瞬が勝負の世界。ときには「NO」といえる勇気も必要です

スポーツトレーナー
柔道整復学科(夜間部)/2014年卒
渡邉 真吾さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

ちょうどスポーツトレーナーとして積極的に活動する必要性を感じていたとき、NITT(日本医専トレーナーズチーム)の募集案内を見て「これだ!」と思わず飛びつきました。今は多くのスポーツ現場でトレーナー活動をしています。担当している選手やチームが優勝したり、全国制覇をして海外でも活躍したり一緒に喜びを味わえるのはトレーナー冥利につきます。1番になったことのない自分が人の役に立って、1位になる喜びを分かちあえる。こんな感動はなかなかないと思います。

学校で学んだこと・学生時代

授業はすべて印象に残っています。一番興味を持ったのは柔道整復学で、在学中から得意科目でしたが、卒業後にもっと突き詰めたいと思い勉強を続けています。実技では特に木下先生の「固定法」が大変勉強になりました。一連の動きを身体に覚え込ませないと、スポーツ現場では実践できません。ですから在学中から現在まで、技術の研鑚には終わりがありません。でも、おかげでテーピングには自信が出てきました。今では選手から「巻いてほしい」と要望されることも多いです。日本医専で学んだ全てが、今の仕事をしている中で役立っていると日々実感しています。

在学中から研鑚を積んだテーピング技術には自信あり

分野選びの視点・アドバイス

柔道整復師を志した私が日本医専へ入学した決め手は、オープンキャンパスに行った際に学校の雰囲気が明るかったことと、教職員の対応が親切でとても感じが良かったことでした。日本医専にはさまざまな強みがあり、中でも実習面は理想的な環境だといえます。私が現在所属しているNITT(日本医専トレーナーズチーム)には、日本医専の在学生が所属する学生部が設けられています。学生のうちから、スポーツの現場で選手へのテーピングやケガのサポートができることは、将来スポーツトレーナーとして活動したい方にとっては大変貴重で、とても良い機会となっていると思います。スポーツの本場・フロリダでの海外研修も得がたい経験ですね。

NITTに帯同し、学生のうちから場数を踏めます

渡邉 真吾さん

日本医専トレーナーズチーム(NITT) A級ライセンストレーナー/柔道整復学科(夜間部)/2014年卒/大学卒業後は百貨店に勤務。腰を痛めたことをきっかけに接骨院に通いはじめ、症状が改善したことから「柔道整復師」という仕事に興味を持ち、転職を決意して日本医学柔整鍼灸専門学校で学ぶ。卒業後は、日本医学柔整鍼灸専門学校が擁するトレーナーチーム「日本医専トレーナーズチーム(NIHON ISEN TRAINERS TEAM:通称NITT)」に所属(A級ライセンストレーナー)。数々のスポーツ現場でプロフェッショナルのスポーツトレーナーとして活躍している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

日本医学柔整鍼灸専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT